1月5日、神奈川・等々力陸上競技場で高校サッカー選手権2019の準々決勝、帝京長岡 (新潟)対仙台育英(宮城)が行なわれ、1-0で勝利した帝京長岡が新潟勢初の4強進出を果たした。

上写真=帝京長岡が仙台育英に勝利し、新潟県勢初のベスト4(写真◎福地和男)

■2020年1月5日 全国高校サッカー選手権準々決勝(神奈川・等々力陸上競技場)
帝京長岡 1-0 仙台育英
得点者:(帝)谷内田哲平

開始直後に試合が動く

 開始直後、いきなり試合が動いた。帝京長岡がスローインからクロスにつなげると、その先に走り込んでいたのは谷内田哲平。J2京都入りが内定しているMFは冷静にゴールに流し込み、大きな先制点をもたらした。早い段階での失点に焦りを見せず、仙台育英も反撃する。ボールを奪うと素早く縦にボールを送り、ゴールを目指した。14分には好機を得たが、帝京長岡GK猪越優惟の好セーブに防がれた。互いに集中力の高い攻防が続いたが、両チームとも決定機にまでは至らない。終盤に入り帝京長岡のチャンスも訪れたが、互いにそのままスコアは動かず。勝負は1-0で決した。

登録メンバーリスト

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年2月号

This article is a sponsored article by
''.