1月5日、東京・駒沢陸上競技場で高校サッカー選手権2019の準々決勝、徳島市立(徳島)対静岡学園(静岡)が行なわれ、DF阿部健人の先制点とFW岩本悠輝のハットトリックで静岡学園が快勝し、ベスト4入りを果たした。

上写真=ハットトリックの活躍を見せた静岡学園の岩本⑫(写真◎中島光明)

■2020年1月5日 全国高校サッカー選手権準々決勝(東京・駒沢陸上競技場)
徳島市立 0-4 静岡学園
得点者:(静)阿部健人、岩本悠輝3

静岡学園FW岩本がハットトリックの活躍

 徳島県代表の徳島市立と静岡県代表の静岡学園によるベスト4を懸けた一戦。試合が動いたのは前半16分。静岡学園がCKのチャンスを得ると、MF井堀二昭の蹴ったボールにキャプテンのDF阿部健人がヘディングで合わせ、先制点を挙げる。さらに、22分には井堀のFKからFW岩本悠輝がヘディングシュートを決めて追加点。40分にも岩本がMF松村優太のクロスから加点し、徳島市立を相手に3点リードで試合を折り返す。後半に入っても攻め手を緩めない静岡学園は、70分に岩本がこの日3点目を奪い、勝負あり。静岡学園が徳島市立を退け、準決勝へ進出した。

登録メンバーリスト

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年2月号

This article is a sponsored article by
''.