1月2日、東京・駒沢競技場で高校サッカー選手権2019の2回戦、尚志(福島)対徳島市立(徳島)が行なわれ、0-0からのPK戦で徳島市立が勝利。前回大会と昨年のインターハイでベスト4の尚志は初戦で姿を消した。

上写真=白熱の攻防はスコアレスで80分間が終了。徳島市立がPK戦で勝ち上がった(写真◎中島光明)

■2019年1月2日 全国高校サッカー選手権2回戦(東京・駒沢陸上競技場)
尚志 0-0(PK3-4) 徳島市立

インターハイ同様に0-0からPK戦勝利

 全体大会得点王で鹿島加入が内定しているFW染野唯月が負傷でメンバー外となった尚志だが、昨年のインターハイでベスト4の力を発揮し、序盤から押し気味に進めて得点機をうかがう。しかし徳島市立は粘り強く守り、一進一退の攻防が長く続いた。結局、最後まで両チームともゴールを奪えず、3回戦進出はPK戦に委ねられた。昨年のインターハイで、1回戦から3回戦まですべて0-0からのPK戦勝利でベスト8に進出している徳島市立は、試合終了間際に交代出場した『PK職人』GK米田世波が、期待に応えて2本を止める活躍。冬の大舞台でも得意のPK戦で競り勝ち、3回戦進出を決めた。

登録メンバーリスト

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年2月号

This article is a sponsored article by
''.