12月31日、東京・駒沢競技場で高校サッカー選手権2019の1回戦、静岡学園(静岡)対岡山学芸館(岡山)が行なわれ、MF井堀二昭がハットトリックを達成するなど6得点を挙げた静岡学園が圧勝し、2回戦に駒を進めた。

上写真=静岡学園の井堀(16番)はハットトリックの活躍で勝利に貢献(写真◎中島光明)

■2019年12月31日 全国高校サッカー選手権1回戦(東京・駒沢陸上競技場)
静岡学園 6-0 岡山学芸館
得点者:(静)井堀二昭3、小山尚紀、岩本悠輝、草柳祐介

直接FKで均衡を破り、次々に加点

 岡山学芸館は立ち上がりから守備を意識した試合運びながらも、惜しいシュートを放つなど勝機をうかがったが、静岡学園は29分にMF井堀二昭がFKを直接決めて均衡を破る。さらに34分にはMF小山尚紀が左サイドからドリブルで守備網を破り、逆サイドのネットに突き刺してリードを広げた。後半も静岡学園は攻撃の手を緩めず、井堀が鮮やかなミドルシュートを2本決めてハットトリックを達成。さらに終盤にも2得点を加え、岡山学芸館を終始圧倒して初戦を突破した。

登録メンバーリスト

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年2月号

This article is a sponsored article by
''.