1月3日、東京・駒沢陸上競技場で高校サッカー選手権2019の開幕戦、徳島市立(徳島)対筑陽学園(福岡)が行なわれ、前半にDF三倉頼真が挙げた1点を守り切った徳島市立が筑陽学園に完封勝ちして準々決勝に進んだ。

上写真=徳島市立が堅守を見せ、筑陽学園を完封した(写真◎中島光明)

■2020年1月3日 全国高校サッカー選手権3回戦(東京・駒沢陸上競技場)
徳島市立 1-0 筑陽学園
得点者:(徳)三倉頼真

前半にセットプレーから決勝点が決まる

 徳島県代表の徳島市立と福岡県代表の筑陽学園による一戦。試合の均衡を破ったのは、徳島市立の2年生DF三倉頼真だった。22分、MF野口蓮太のCKからDF田内悠貴がヘディングシュートを放ち、ポストに跳ね返されたところを右足で押し込んだ。その後、ハーフタイムに2人の選手を入れ替えた筑陽学園に、後半は攻め込まれるシーンを作られる。相手のロングボールから守備ラインの背後を狙われる場面が増えるも、GK中川真の果敢な飛び出しで、最後までゴールを許さず。徳島市立が1点を守り切り、静岡学園との準々決勝に駒を進めた。

登録メンバーリスト

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年2月号

This article is a sponsored article by
''.