12月30日、東京・駒沢陸上競技場で行なわれた高校サッカー選手権2019の開幕戦。國學院久我山(東京B)が山下貴之と山本航生のハットトリック、戸坂隼人と河原大輔の得点で前原(沖縄)から8点を挙げ、初戦を突破した。

上写真=大会初のハットトリックを達成した國學院久我山の山下貴之(写真◎中島光明)

■2019年12月30日 全国高校サッカー選手権1回戦(東京・駒沢陸上競技場)
國學院久我山 8-0 前原
得点者:(國)山下貴之3、山本航生3、戸坂隼人、河原大輔

「久我山でのハットトリックは初めて」

「開幕戦は決勝戦と同じで1試合しかない」(山下貴之)

 およそ1万4千人の観衆が詰めかけた駒沢での開幕戦。開会式の後に行なわれたこともあり、特別な雰囲気の中での一戦で、國學院久我山が大勝劇を披露した。ゴールラッシュの口火を切ったのは、左ウイングで先発出場した山下貴之だった。

 試合開始早々の前半6分。MF福井寿俊のパスをトラップし、ゴールへとボールを蹴り込んだ。「福井がシュートを打ったから、こぼれ球を狙おうと思っていたんですけれど、シュートがゴロだったので、とっさにトラップして打ちました。良いシュート性のボールが来たので、決めることができました」と、山下は先制点を振り返り、笑みを浮かべる。

「0-0のときは、自分もそうですけれど、みんなもミスが多かったり、結構硬かった。1点入ったことで、いつもの力を出せるようになったのかなと思います」

 山下の言葉通り、ここから國學院久我山が試合を支配し、得点を重ねる。終わってみれば8ゴールを奪い、前原に大勝した。山下自身も大会初のハットトリックを達成。

「久我山に入って、練習試合も含めて、ハットトリックは初めてだと思う。後ろや中盤の選手が一生懸命(パスを)つないでくれて、ボールをゴールに入れるだけだった。みんなのおかげでハットトリックすることができました」(山下)

 山下の活躍に触発されたかのように、3トップを組むセンターフォワードの山本航生もハットトリック、右ウイングの戸坂隼人もゴールを挙げた。

「今日は3トップで7得点。やはりフォワードの選手が点を取ることは、チームにとっても大事なこと。みんなでたくさん点を取れたことがうれしいですね」(山下)

 今大会を最高の形でスタートさせた國學院久我山は、さらなる高みを目指して3日後の2回戦へ駒を進めた。

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年2月号

This article is a sponsored article by
''.