2019年12月30日に開幕した高校サッカー選手権は、1月2日に2回戦16試合が行なわれる。3日の3回戦に駒を進めるのはどこか? ここでは2回戦が初戦となる高校に所属する、注目の逸材を紹介する。

上写真=浦和への加入が内定している青森山田のMF武田。大会連覇を目指すチームのエースだ(写真◎BBM)

画像1: 【2回戦の注目選手】高校選手権2回戦の見逃せない逸材を紹介!

武田 英寿
Hidetoshi TAKEDA

3年/MF
青森山田(青森)

浦和加入内定

大会連覇、高円宮杯プレミアリーグに続く今年度2冠を目指すチームの絶対エース。利き足の左足から繰り出す多彩なパスに加え、得点力も高く、右足も器用に使いこなす。浦和への加入を前に埼スタで歓喜をつかめるか?

画像: 浦和加入内定

畑 大雅
Taiga HATA

3年/DF
市立船橋(千葉)

湘南加入内定

ロケットのような爆発的な加速で右サイドを駆け上がり、ゴールをお膳立てする攻撃的な右SB。今年のU-17W杯で国際経験を積んでスケールアップ、自身初の選手権でも、チーム6回目の日本一へタッチライン際を突き進む。

画像: 湘南加入内定

高橋 祐翔
Yusho TAKAHASHI

3年/DF
米子北(鳥取)

大分加入内定

MFからCBになったのは2年の春で、それから1年あまりで大分内定を勝ち取ったポテンシャルの高さが魅力。188センチの長身で左利きという特性に加え、チーム屈指のスピードも武器。初戦で青森山田の連覇阻止に挑む。

画像: 大分加入内定

晴山 岬
Misaki HARUYAMA

3年/FW
帝京長岡(新潟)

町田加入内定

瞬時の加速で抜け出し、171センチの体格に似合わない強烈なシュートでネットを揺らす。昨年度の大会でも結果を残しており、年代別代表の経験や町田加入内定で注目を集める今大会、県勢悲願の4強以上を狙うチームの得点源だ。

画像: 町田加入内定

田川 知樹
Tomoki TAGAWA

2年/GK
興國(大阪)

GKとしては大柄ではない身長180センチながら、クロスにタイミング良く飛び出して巧みにキャッチし、ピンチを防ぐ。優れたボールテクニックやフィードも武器としており、2年生ながら早くもプロの注目を集めている。

文◎サッカーマガジン編集部

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年2月号

This article is a sponsored article by
''.