1月2日、東京・味の素フィールド西が丘で高校サッカー選手権2019の2回戦、草津東 (滋賀)対筑陽学園(福岡)が行なわれ、2-1で筑陽学園が3回戦へと進出した。

上写真=決勝点の今田がスタンドの仲間たちと喜びを分かち合う(写真◎菅原淳)

■2020年1月2日 全国高校サッカー選手権2回戦(東京・味の素フィールド西が丘)
草津東 1-2 筑陽学園
得点者:(草)渡邉颯太 (立)過能工太郎、今田光

筑陽学園が後半に逆転

前半にCKで得点した草津東に対して、筑陽学園は左クロスからPKを獲得し、前半のうちに追いついて試合を折り返した。すると出足のよくなった筑陽学園が、後半にも主導権を握る。後半にサイドアタックを中心に6本のシュートを放つもゴールは決まらなかったが77分、FKの流れから今田光がゴール。3回戦へと駒を進めた。

登録メンバーリスト

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年2月号

This article is a sponsored article by
''.