Jリーグが帰ってくる。J1は7月4日から、J2とJ3は6月27日からリーグが再開(開幕)する。4カ月間、待ち望んだ試合を前に、サッカーマガジンWEBも参加する「DAZN Jリーグ推進委員会」で、18媒体横断企画を実施した。全56クラブの選手・監督・関係者にインタビュー、「THIS IS MY CLUB-FOR RESTART WITH LOVE-」をテーマに話を聞いた。京都サンガから登場するのは在籍10年目の宮吉拓実。新スタジアム完成初年度の今季、ぜがひでもJ1に昇格すると誓う。

上写真=再開が楽しみだと語る宮吉(写真◎KYOTO.P.S. )

「予想以上にコンディションはいい」

――約4カ月ぶりのリーグ戦が目前に迫っています。J2再開に向けて、いまの心境を教えてください。

宮吉 僕を含めて、選手たちはみんな、試合をすごく楽しみにしています。少しでもいい状態で迎えられるようにしっかり準備をしているところです。これまでの日常であれば、ファン・サポーターの方には練習場のサンガタウンにも足を運んでもらい、プレーを見てもらう機会はありましたが、いまは練習見学ができない状態です。こういう状況になり、あらためて僕らはファン・サポーターあっての存在なんだ、と感じています。早くファン・サポーターの方に元気な姿を見せたいですね。

――再開から2試合はリモートマッチになります。画面越しでも、ファン・サポーターの前でプレーを見せたいという思いは強いのですね。

宮吉 そこに一番の楽しみを感じますので。6月27日の再開初戦は新スタジアム(サンガスタジアム byKYOCERA)で開催されます。無観客で開催されるのは少し残念ですが、画面を通して試合を観戦したファン・サポーターの心を動かしたいですね。スタジアムに直接足を運んでみたいと思うようなプレーを見せます。

――6月2日に全体練習が再開しました。意識して取り組んできたことはありますか。

宮吉 2カ月近く休んでしまったので、まずはコンディションを取り戻すことですね。自宅を中心にトレーニングを積んでいましたが、やはり限界はありました。

――リーグ再開が間近ですが、現在のコンディションはいかがですか。

宮吉 コーチングスタッフのおかげで、当初予想していた以上にコンディションは上がっています。

――再開後、ファン・サポーターに注目してもらいたいところは?

宮吉 チームとして、攻守両面でアグレッシブに戦うところですね。個人としては得点、アシストの部分かな。もちろん、それ以外でも勝利に貢献したいと思っています。精いっぱい頑張ります。

This article is a sponsored article by
''.