J2の水戸ホーリーホックは20日、FW深堀隼平とDF住吉ジェラニレショーンの負傷状況を発表した。

上写真=開幕戦に先発したFW深堀(写真◎J.LEAGUE)

新戦力2人が離脱

 深堀は3月9日に水戸市内の病院で検査を行なった結果、右腰椎疲労骨折と診断された。今季、名古屋グランパスから期限付き移籍で加入した深堀は、大宮アルディージャとのリーグ開幕戦に先発出場している。

 国士舘大から今季加入した住吉は、2月24日のトレーニングマッチいわきFC戦にて負傷。検査の結果、右肩関節脱臼と診断された。

 なお両選手とも全治までにかかる期間は発表されていない。

This article is a sponsored article by
''.