4月24日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージI組第4節で、川崎フロンターレが素晴らしい勝利を刻んだ。地元のジョホール・ダルル・タクジム(JDT)が主力をベンチ外にして臨んできたものの、すべてが美しい計5ゴール。大会2勝目を挙げて首位に躍り出た。

上写真=先制ゴールは脇坂泰斗の美しい直接FK。最高のゴールに吠えた(写真◎AFC)

■2022年4月24日 ACLグループI第4節(スルタン・イブラヒム・スタジアム)
ジョホール・ダルル・タクジム 0-5 川崎F
得点者:(川)脇坂泰斗、小林悠2、マルシーニョ、チャナティップ

画像: ■2022年4月24日 ACLグループI第4節(スルタン・イブラヒム・スタジアム) ジョホール・ダルル・タクジム 0-5  川崎F 得点者:(川)脇坂泰斗、小林悠2、マルシーニョ、チャナティップ

小林悠が2ゴール!

 完璧なゴールによる完璧な勝利。川崎フロンターレが川崎フロンターレらしく、5つの美しいゴールで地元のジョホール・ダルル・タクジムを寄せ付けず、大会2勝目を手にして首位に立った。

 先制点は脇坂泰斗だ。14分、小林悠が倒されて得たゴール中央、20メートル弱の位置からのFK。ゆっくりとした助走から右足でしっかりインパクトしたボールは壁の上を越え、スピードを失わないまま鋭く左に曲がり、GKの伸ばした手をはじいてゴールに飛び込んだ。背番号14の先輩、中村憲剛さんをほうふつとさせるような美しいFKだった。

 31分の追加点は素晴らしいコンビネーションから生まれた、まさに「フロンターレゴール」。右ワイドの家長昭博に預けた山根視来が内側を走り抜けると、その横から顔を出した脇坂に家長がメッセージのこもった強い横パスを入れた。脇坂はこれをワンタッチで、抜け出していた山根へ。中央にしっかり送り、小林ががら空きのゴールに蹴り込んだ。

 43分にもまた、目の覚めるような一発が生まれた。2点目と同じように山根が家長に預けてそのまま右サイドの裏のスペースに猛然と走り出すのに合わせて、家長がきれいに上から落とすパス。山根は右深くで受けると、そのままシュートのようなスピードボールをゴール前へ送った。これを小林が軽く跳び上がりながら右足でゴール左に流し込み、前半だけで3点を奪った。

 JDTは後半にシステムを3-5-2にして、ウイングバックからのサイド攻撃に厚みを持たせてきた。しかし川崎Fも59分に、両ウイングを知念慶、マルシーニョに代えて、ウイングバックが飛び出してきた裏を狙って対抗した。するとうまくいかないJDTがまた4バックに戻すなど、川崎Fが戦術的にも押し込み続けた。

 81分にはマルシーニョだ。チャナティップが中盤の寄せが甘いと見るやそのままぐいぐいとドリブルで持ち出し、相手を引きつけておいて鋭角に左へ。フリーで受けたマルシーニョへが落ち着いてゴール右上角に流し込んで、決定的な4点目を奪い取った。

 そして最後はチャナティップ。小塚和季が右からペナルティーエリア左の小林に斜めに差し込むと中に戻し、マルシーニョがシュート、ブロックされたもののチャナティップがこぼれ球を蹴り込んで、美しい勝利を締めくくった。

 グループステージの後半戦初戦でいよいよ本領を発揮した川崎F。この勢いで、次は第1節で辛くも引き分けた蔚山をきっちりたたいてみせる。

【Next Game】
4月27日(月)18時 蔚山 vs 川崎F DAZN独占配信


This article is a sponsored article by
''.