J1の名古屋グランパスは6日、FW山﨑凌吾に第二子が誕生したことをクラブ公式サイトにて発表した。

上写真=第二子が誕生したFW山﨑(写真◎J.LEAGUE)

今季加入の大型ストライカー

 山﨑はクラブを通じ、「今朝、第二子となる次女が誕生しました。大変な状況の中、元気な娘を産んでくれた妻、元気に産まれてきてくれた娘に感謝しかありません。これから、より一層、精進していきたいと思います」とコメントした。誕生日は6月6日で、クラブによると母子ともに健康だという。

 岡山県出身で現在27歳の山﨑は、玉野光南高から福岡大に進学し、2015年にサガン鳥栖に加入。16年に徳島ヴォルティスに期限付き移籍、17年から完全移籍に切り替わった。18年7月に湘南ベルマーレに移籍し、今季から名古屋に加入。2月22日に行なわれたベガルタ仙台とのリーグ開幕戦には後半途中から出場している。

This article is a sponsored article by
''.