J1の湘南ベルマーレは26日、U-18所属のMF田中聡が2021シーズンよりトップチームに昇格することが決定したと発表した。同選手は昨季より2種登録選手としてトップチームに登録されている。

上写真=選手育成に定評のある湘南(写真◎J.LEAGUE)

長野県出身の17歳

 現在、高校3年生の田中は長野県出身で、中学時代はAC長野パルセイロU-15でプレー。高校入学と同時に湘南ベルマーレU-18に加入し、昨年はU-17日本代表の一員としてブラジルでのU-17ワールドカップに出場した。クラブは田中について、「左利きで技術とボール奪取能力に優れ、運動量豊富でチームの流れを引き寄せることができるプレーヤー」と紹介している。

 トップチーム昇格が決まった田中のコメントは以下の通り。

「幼い頃からのプロサッカー選手という夢が叶ってとても嬉しい気持ちと、ずっと近くで見守ってくれていた家族、指導者の皆様、一緒にサッカーしてきた仲間には本当に感謝しています。これからも感謝の気持ちを忘れずサッカーを楽しんでいきます。よろしくお願いします」

This article is a sponsored article by
''.