1月2日、東京・味の素フィールド西が丘で高校サッカー選手権2019の2回戦、山形中央 (山形)対今治東(愛媛)が行なわれ、2-0で今治東が3回戦へと進出した。

上写真=今治東がペースを握り続けて3回戦へと進出した(写真◎菅原淳)

■2020年1月2日 全国高校サッカー選手権2回戦(東京・味の素フィールド西が丘)
山形中央 0-2 今治東
得点者:(今)髙瀨太聖2

髙瀨が2得点

 ロングボールを中心にチャンスをうかがう山形中央に対して、今治東が前半からサイドアタックで主導権を握る。24分には、そのサイドからの攻めで先制。後半も今治東が運動量豊富にペースを握り、髙瀨太聖の連続ゴールで流れをぐっと引き寄せる。シュート本数は少ないものの今治東が質の高い攻守のプレーを披露し、2回戦を突破した。

登録メンバーリスト

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年2月号

This article is a sponsored article by
''.