7月19日、『明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019』で、川崎Fがイングランドのチェルシーを退けた。後半アディショナルタイムに途中交代するまで、“3つのポジション”で戦い続けたDF守田英正は、試合を振り返り自身の課題を口にした。

上写真=中盤でケネディ(16)と対峙した守田(写真◎福地和男)

■2019年7月19日 明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019
川崎F 1-0 チェルシー(イングランド)
得点者:(川)レアンドロ・ダミアン

「チームが疲れているときに、一人で奪える力を」

「Congratulations(おめでとう)!」

 試合後、守田英正が報道陣の質問に答えていると、通りかかったチェルシーのスペイン人FWペドロから声をかけられた。

「(ペドロとは)逆サイドだったのでマッチアップはしていないけれど、彼は良い選手ですよね」

 ペドロがチェルシーの右ウイングで出場した前半、守田は反対の右サイドバックを務めていたため、対峙する場面はなかった。だが、精度の高いドリブルやパスに加え、惜しいシュートも放ったペドロの存在感に感嘆していた。

 ただ、相手選手に祝福されても、守田の表情はさえない。途中交代したスタメン選手の中では最長となる90+2分までピッチに立ち、右サイドバック、ボランチ、さらには左サイドバックと、ポジションを2度変えてチームの勝利に貢献したが、自身の内容には満足できなかった。

「特に前半は(右サイドバックで)、自分の中でうまくいった感覚はなかった。後半は真ん中(ボランチ)に入ってプレーし、自分たちのやりたい攻撃が何度かできたというのはあると思います。ただ、最後は左サイドバックで、相手の右サイドバックの選手(ダヴィデ・ザッパコスタ)に1対1で抜かれてしまった。あれは一番やってはいけないプレーです。相手にビッグチャンスを与えてしまったので……。勝ちはしましたけれど、僕個人で何かしたということはないので、課題しか残らなかったです」

 イングランドの強豪を相手に、浮き彫りとなった数々の課題。「(ボール)1個分、寄せが遠くて奪い切れない」「(相手に)スピードで横から入られたので、正面に立って相手のスピードを止めることが第一」。その一つひとつを改善するために、守田はさらなる成長を誓う。

「守備のところでは、チームが疲れているときに一人で(ボールを)奪える力をつけたい。守備範囲の広さだったり。あとはビルドアップで僕のミスからカウンターを食らったシーンもあったので、(味方に)信頼してボールを預けてもらえるようになりたい。相手のボランチは、キーパーからでも(ボールを)受けてサイドに散らしたり、(味方の)信頼がなければできないプレーがたくさんありました。チームとしてのコンセプトがある中で、それをしっかり遂行できる選手が多かったと思う。僕もそういう選手になっていかなければいけない」

 チェルシーとの対戦で得た経験を、次なるステップへの糧とする。

取材◎小林康幸

関連記事

おすすめ商品

This article is a sponsored article by
''.