J3のロアッソ熊本は10日、トップチームの全体活動を5月11日より再開すると発表した。4月16日からトップチームの活動を休止している熊本は、今月7日より参加人数を制限した上で自主トレーニングを行なっていた。

上写真=11日から全体活動を再開する熊本(写真◎J.LEAGUE)

当面の間は非公開

 5日、熊本県は感染防止対策を徹底することを条件に段階的な制限を解除していく指針を発表。これを受け、クラブはトップチームの全体活動を再開することを決めた。

 ただし、熊本県が発表している「施設に応じた感染防止チェックリスト」の遵守、およびクラブによる徹底した感染予防対策を継続し、当面の間は選手、スタッフはクラブハウスを使用せずにトレーニングを行なう。また当面の間は非公開練習とし、練習見学およびファンサービスも引き続き中止とする。

 クラブは「活動を楽しみにしてくださる皆様、応援していただいている全ての皆様におかれましても、健康管理には十分ご注意いただきますようお願いいたします。クラブとしても継続して感染拡大及び防止に努めて参りますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします」とコメントしている。

This article is a sponsored article by
''.