Jリーグが帰ってくる。J1は7月4日から、J2とJ3は6月27日からリーグが再開(開幕)する。4カ月間、待ち望んだ試合を前に、サッカーマガジンWEBも参加する「DAZN Jリーグ推進委員会」で、18媒体横断企画を実施した。全56クラブの選手・監督・関係者にインタビュー。「THIS IS MY CLUB - FOR RESTART WITH LOVE - 」をテーマに話を聞いた。京都サンガF.C.のスタッフ、松井竜輔営業部部長が自粛期間中について、そしてウィズコロナ時代のクラブ運営、新スタジアム「サンガスタジアム by KYOCERA」の魅力について語る。

上写真=2004年入社の松井営業部部長。法人担当営業としてチームを支えている(写真◎KYOTO.P.S. )

「情報はなるべく早く伝えるように」

――6月27日のJ2再開が迫ってきました。今年、完成したばかりのサンガスタジアム京セラで迎えるホーム開幕戦となります。

松井 ようやくですね。選手を含めたクラブスタッフも、もやもやした気持ちを晴らせます。

――リモートマッチの準備は、順調に進んでいますか。

松井 私は法人営業の担当なので、中継にスポンサーさんのロゴが見えるように仕組みを変えたり、いろいろと工夫しています。リモートマッチでもスポンサーさまに満足してもらえるように、事前に話をさせていただいてます。

――スポンサーのロゴを見えやすくする工夫とは、どのようなものなのですか。

松井 新スタジアムとなり、初めてLED(発光ダイオードを使用した照明器具)の看板も使用します。京都サンガのスタジアムにLEDの看板があるだけで、インパクトは違うと思います。

――リーグが中断してから、いつ再開してもいいように準備は続けてきたのですね。

松井 延期が重なったので、その都度、スポンサーさまに丁寧に案内してきました。情報はなるべく早く伝えることを心がけています。

――中断期間中は、どのような取り組みをしていたのですか。

松井 スポンサーさまへの応援企画として、グルメ、ショッピング、子ども向けの勉強など、専用WEBページを立ち上げて、中断期間中にも多くの人たちに目を触れるようにしました。クラブ、スポンサー、ファン・サポーターをつなぐ企画ですね。今も継続してやっています。例えば、飲食店関連であれば、テイクアウトのメニューを案内するとか、さまざまな情報を出しています。

――スタジアムグルメで食べたことのあるメニューもテイクアウトで購入できるのですね。

松井 そのとおりです。これからリモートマッチが始まり、入場制限のかかった試合へ移行していきます。それでも、来場できないファン・サポーターもいると思いますので、自宅でスタジアムグルメを楽しみながら、中継を楽しんでもらいたいですね。

――活動自粛期間中はクラブスタッフとしても、初めての取り組みが多かったと思います。苦労したことはありましたか。

松井 リーグ中断中の企画に関しても、みなさんすごく協力的で苦労はなかったです。むしろ、リーグ再開してからが、大変だと思っています。感染予防に細心の注意を払いながら運営するのは初めてのこと。みなさんと協力して、Jリーグを動かす準備をしていきます。

「07年の再現を新スタジアムで」

画像: 臨場感が満点の新スタジアム。新型コロナウイルスが終息し、サポーターでになる日が待ち遠しい(写真◎J.LEAGUE)

臨場感が満点の新スタジアム。新型コロナウイルスが終息し、サポーターでになる日が待ち遠しい(写真◎J.LEAGUE)

――7月11日からはサンガスタジアム by KYOCERAにファン・サポーターを迎えます。そこで体感してもらいたいことはありますか。

松井 まず一度、足を運んでもらいたいですね。見るだけでも素晴らしいと思いますから。今後の状況次第ですが、専用スタジアムなので、試合前のイベントで、子どもたちに芝生の上でサッカーをしてもらったり、いろいろやりたいことはあります。

――新スタジアムの最大の魅力は?

松井 とにかく見やすいところです。臨場感はたまりませんよ。2月9日、こけら落としのプレシーズンマッチ(セレッソ大阪戦)は感動的でした。約1万8000人が詰めかけ、声の反響もすごかったです。これまでにない高揚感を味わってもらえると思います。

――新スタジアムには、何度も足を運ばれているのですね?

松井 鍬入れ式から行きました。私が京都サンガに入社した2004年頃から新スタジアムの構想はあったんです。その前からもあったようですが、まさに念願が叶ったのが今回。本当に感慨深いです。

――今季に懸ける思いを聞かせてください。

松井 もちろん、J2優勝を果たし、J1に昇格することです。過密スケジュールなので、クラブ一丸となって戦わないといけません。一致団結しかないです。すべての力を結集し、チームを支えていきたいと思います。

――2010年以来、J1から遠ざかっています。長年勤めてきたスタッフにとって、J1昇格への思いは強いですね。

松井 2007年にJ1・J2入れ替え戦でサンフレッチェ広島に勝ち、J1昇格したときのことは、今でも覚えています。2戦目はアウェーだったのですが、私はスポンサーさまから預かった必勝ダルマを抱えてゴール裏で応援していたんです。なんとか逃げ切りで昇格を決めたとき、みんなで喜び、その場にいたファン・サポーターの方も、そのダルマを触りに来てくれました。あの光景は忘れることはできません。新スタジアムでも、あのときと同じような感動を味わいたいと思います。

取材・構成◎杉園昌之 写真◎KYOTO.P.S. 、J.LEAGUE

◎Profile
松井竜輔(まつい・りゅうすけ)◎1974年1月4日生まれ、兵庫県出身。2004年5月に株式会社京都パープルサンガに入社し、法人営業4年、MD担当の4年を経て、現在、再び法人営業の担当へ。現在は営業部部長。

This article is a sponsored article by
''.