大宮アルディージャは4日、約2カ月ぶりに全体練習を再開。トレーニング後にはキャプテンの三門雄大がオンラインで取材に応じ、「全員でグラウンドで練習できる喜びを感じた」と話し、再開後の戦いに向けて抱負を語った。

上写真=全体練習後、取材に応じる三門(写真◎zoomスクリーンショット)

J2優勝でJ1昇格

 当たり前の日常が失われていた日々を振り返り、三門雄大は言った。

「全員でグラウンドでトレーニングができるということに喜びを感じました。一つひとつのトレーニングも、少ない人数でやっていたときよりもテンションもモチベーションも上がったと思います。再開できたことをうれしく思います」

 率直な思いが、その言葉に表れる。

「ただ、北九州だったり東京でもそうですが、また感染者が増えたりもしている中で、僕らはトレーニングできましたけど、苦しんでいる方もまだまだたくさんいる。二次三次と感染が広がっていく怖さもあるので、自分たちはできる限りのことを尽くして、6月27日にみんなで、いい状態で臨めるようにしていきたい」

 2カ月ぶりの全体練習に臨み、リーグ再開日も決まった。やるべきことは整理されている。

「とにかくまずはチーム全員で新型コロナウイルスにかからず、再開を迎えられることが一番だと思っています。夏場の再開ということもあって(すぐに)連戦もありますし、誰か一人でも欠けてしまうと、乗り切るのが非常に難しくなってくる。イレギュラーなシーズンなので何が起こるか分からないですし、今季は降格がないことを考えると相手がどうやってサッカーしてくるか分からないところもあります。ただ、相手どうこうというよりも、まずは自分たちが再開までの3週間でコンディションをしっかり戻していくことが大事になる」

 今季のJ2は降格がなく、J1参入プレーオフもない。三門が言うようにイレギュラーなシーズンだ。一昨年は5位。昨年は3位。あと一歩、及ばなかった。だが、同じ轍を踏むつもりはない。そもそも大宮が見ているのは上だけだ。

「この2年間、悔しい思いをしたので。ストレートで上がってやるぞと思っています。2カ月間、休んでいる中で、色んな気持ちだったり怖さだったり、正直、感じました。ただ、こうして6月27日再開できると発表されて、みんなが動き始めた。ここで思うのは本当にJ2に優勝して、J1に昇格するということ。ストレートでいくということです。今日、自分でも感じましたし、コーチングスタッフだったり、選手たちの様子を見ていると、やっぱり今日に気持ちをグッと持ってきたなと感じます。これからもっともっと上がっていくと思いますけど、まずはその気持ちを自分が先頭に立って出していきたいと思っています」

 目指すゴールは6月27日ではない。J2優勝、J1昇格。全体練習再開の日、大宮のキャプテンは歓喜でシーズンを締めくくると誓った。

This article is a sponsored article by
''.