J2のアビスパ福岡は24日、横浜FCよりDF藤井悠太が完全移籍で加入することが決定したと発表した。

上写真=福岡への移籍が決まったDF藤井(写真◎J.LEAGUE)

強さが売りのCB

 移籍が決まった藤井は、「アビスパ福岡のJ1昇格に貢献できるように、一生懸命頑張ります!!サポーターの皆さん応援よろしくお願いします!!」と、クラブを通じて意気込みを語った。

 藤井は2014年に東洋大から大宮アルディージャに加入し、2016年から横浜FCでプレー。昨季はJ2リーグで5試合に出場した。

 移籍元の横浜FCでもコメントが発表され、「J1で戦う横浜FCの選手としてチームに貢献したかったのですが、自分のチームでの立ち位置、年齢、色々なことを考えた結果、移籍をすることを決断しました。また、新型コロナウィルスの影響で試合がない日々が続いていますがサポーターの皆さまも、体調管理に気をつけて、健康な日々をお過ごしください。そしてリーグが再開した際には、熱い声援で選手達の力になって下さい!!横浜FCのJ1での活躍を心から祈っています!!」と、古巣にエールを送った。

This article is a sponsored article by
''.