J1の鹿島アントラーズは13日、J2アルビレックス新潟と練習試合(4本)を行なった。3本目に登場したケガ明けのレオ・シルバは得点で復調をアピール。4本目にはルーキー荒木遼太郎が得点。4本通算2-1で練習試合を終えた。

上写真=新潟との練習試合で3本目に得点を挙げたレオ・シルバ(写真◎鹿島アントラーズ)

■練習試合:鹿島アントラーズ対アルビレックス新潟
 ・45分×2本(0-1、0-0) ・30分×2本(1-0、1-0)
 合計スコア:鹿島2-1新潟
 得点者:【鹿】レオ・シルバ(3本目)、荒木遼太郎(4本目)
     【新】堀米悠斗(1本目)

チームの力になれて良かった

 ケガで長らく戦線離脱していたレオ・シルバにとって、新潟との練習試合は久々の『実戦』だった。雨が小降りになり、「サッカーらしいサッカーできる状態になった」という3本目から登場。

「ちょっと自分はケガで離れていた期間が長く、久々の試合にだったのですが、45分間試合に出られて幸せです。チームのために力になれたこともよかった」

 この日は、ゴールという形で力になった。本人が振り返る。

「相手のセットプレーから始まったんですが、自分たちがクリアしたボールに対して(山本)修斗が競り合うのが見えました。彼はヘディングが強い選手なので、裏に抜けるんじゃないかと思い、走り込んだらうまくボールが来ました。相手のタックルをかわしてゴール前にドリブルで進入して決めました」

 その話ぶりからは順調な回復とコンディションの良さが伝わってくる。そしてチームについても少なからぬ手ごたえを得た様子。

「この(中断)期間を使って、監督の考えや目指しているサッカーが浸透してきて、選手の距離感を意識しながらできている。少しずつよくなっていると思います」

 パスをスムーズにつなぐには距離感は重要だ。そこが崩れてしまっては今季のサッカーは成り立たない。4本目にゴールを挙げた荒木遼太郎は「連係」を意識し、そして実践できた試合を振り返った。

「ピッチがあまり良い状態じゃない中でスタートして、最初は戸惑ったりもしたんですが、うまくみんなと連係とりながら、試合の流れを見てプレーできたので、再開に向けていい準備ができているんじゃないかなと思います」

 この日、左サイドハーフとしてプレーしたという荒木の説明によれば、上田綺世との連係で最後はGKと1対1の状況になり、「冷静に決められた」。

 ゲーム自体が非公開のため、どんなメンバーでプレーしたかは不明ながら、選手たちの言葉はいずれも前向きだ。

 残り3週間で、どこまでチームとして完成度を高められるか。頭の中で整理した戦術と実際のプレーを結びつける作業を注力し、7月4日の再開に備えるーー。

画像: 4本目にゴールを決めた荒木。練習試合では左サイドハーフとしてプレーしたという(写真◎鹿島アントラーズ)

4本目にゴールを決めた荒木。練習試合では左サイドハーフとしてプレーしたという(写真◎鹿島アントラーズ)

画像: オンラインで取材に応じるレオ・シルバ(写真◎鹿島アントラーズ)

オンラインで取材に応じるレオ・シルバ(写真◎鹿島アントラーズ)

画像: 記者の質問に答える荒木(写真◎鹿島アントラーズ)

記者の質問に答える荒木(写真◎鹿島アントラーズ)

This article is a sponsored article by
''.