Jリーグの再開に向けて、J1浦和レッズとJ2のFC町田ゼルビアが6月13日に練習試合を行ない、いわゆる『投げ銭』システムを導入することが明らかになった。コロナ禍からの「景気回復策」のきっかけになるか。6月10日、立花洋一代表のオンライン記者会見で詳細を説明した。

上写真=メディアの取材に応じる浦和の立花社長(写真◎スクリーンショット)

「ギフティング」でファンにプレゼントも

 今回、発表された練習試合は、6月13日に開催する『DHL presents トレーニングマッチ VS FC町田ゼルビア』。7月4日再開予定のJ1、6月27日再開予定のJ2にそれぞれ挑む両チームにとっては、貴重な実戦形式の調整の場となるだろう。

 一方で、単なる練習試合ではなく、ファン・サポーターとの新しいコミュニケーションの場とするべく、「イベント化」するのが今回の試みだ。

 クラブは「視聴者参加型のオンラインライブイベント」と称し、2つの企画を実施する。浦和レッズ公式YouTubeチャンネル(URAWA REDS OFFICIAL TV)でライブ配信するこのゲームを、司会に水内猛氏、ゲストに坪井慶介氏とクラブOBを迎えて “一緒に”観戦しながら、2人の解説やトークを楽しむライブイベントが一つ。

 もう一つが、「ギフティング」と呼ばれる投げ銭システムを使った応援企画だ。「Player!(プレイヤー)」というプラットフォームを使い、ギフティングによってクラブを直接支援できるもので、集まった“投げ銭”は今後、クラブのさまざまな活動に活用されるという。

 ギフティングによって支援したファン全員には、選手デジタルサイン入りスマートフォン待ち受け壁紙(ダウンロード形式)を、また、抽選で3人に2020レプリカユニフォーム(1st)がプレゼントされる、という特典もある。

 ユニフォーム姿でオンライン会見に臨んだ浦和レッズの立花洋一代表は、今回の企画を「テスト」だと明かした。「もちろん、リーグ戦への導入を検討する中でのテストだと考えています。うまくやれるかどうか、そして結果としてどうなっていくのか、という意味合いで実施することにしました」

役員報酬15%カット

 なぜこのテストを行うのかと言えば、もちろんコロナ禍による収入減を少しでもカバーするためだ。

 立花代表の説明によれば、新型コロナウイルスの影響で試合が開催されない中で、2020年度(2020年2月から2021年1月)の事業計画の見直しに着手。現状の分析において、入場料収入が10億円程度の減収となることが想定されているのだという。例年では23〜25試合ほどの主催試合をベースに収支計画を立てるが、今年はルヴァンカップの試合方式変更に伴って20試合程度に減ること、その20試合も無観客試合から始まり、観客数に制限を設けた開催も含まれることを見込んでの結果となった。

 この「マイナス10億円」にはインパクトがあるが、対応策として、まずは7月から来年1月までの役員報酬一律15%カットを実施するという。一方で、選手やスタッフの人件費には手を付けないことも明言した上で、ミニマムコストでの試合運営に着手したり、営業面で積極的に課題解決に動いていることを強調した。その一つとしてまず実行に移したのが、この「投げ銭システム」というわけだ。

 実際にどんな効果が生まれるのか、あるいはどれだけ“投げ銭”が集まるのかは未知の部分で、立花代表も「検討課題はいろいろあります。今回のテストで条件をクリアできるかどうか。今回は練習試合での実施ですが、今後のリーグ戦などでも実施できるかどうかは、さらに詰めなければならないでしょう」と慎重だ。それでも、“投げ銭”がきっかけの一つになればいい。

 もちろん、それだけではない。「収入を増やすという意味では、細かいところまで決まっていませんがクラウドファンディングも検討しています。賛同していただければ収入増につながると思っています。また、物販ではEコマースも強化してきていますが、(実店舗の)レッドボルテージもありますし、試合が始まれば飲食やグッズの店舗についても、プロトコル上、営業できる方向に進んでいます。そうすれば飲食やグッズの収入も増えてきます」

 この中断期間が「私たちの存在価値がどこにあるのかを改めて考える時間になった」と立花代表。ほかにもさまざまなアイディアを検討しているようで、「インパクトのあることを実施して、ファン・サポーターの皆さんの気持ちに応えたいと思っています」と誓った。

■トレーニングマッチ、イベントの詳細

《DHL presents トレーニングマッチ VS FC町田ゼルビア》
【配信時間】
配信日時:6月13日(土)15:00~17:00頃(予定)
対戦カード:浦和レッズ vs FC町田ゼルビア
浦和レッズオフィシャルYouTubeチャンネルにて配信
URL:https://www.youtube.com/c/URAWAREDSOFFICIALTV
【出演者】
司会:水内 猛氏(浦和レッズOB/テレビ埼玉 クラブ応援番組MC)
ゲスト:坪井 慶介氏(浦和レッズOB)

【ギフティング企画詳細】
 今回のオンラインイベントでは、浦和レッズをギフティングによって直接支援することが可能。集まった支援金は今後のクラブとしての活動に利用。
 支援いただいた方全員に、選手デジタルサイン入りスマートフォン待ち受け壁紙をプレゼント(ダウンロード形式)。また、抽選で2020レプリカユニフォーム/1stをプレゼント(3名様)。
【配信プラットフォーム】
「Player!(プレイヤー)」
URL:https://web.playerapp.tokyo/
※ブラウザ・アプリどちらでも視聴可能。Andoroid端末の場合は、ブラウザでお楽しみください。

This article is a sponsored article by
''.