Jリーグは9日、第6回実行委員会を開き、各クラブの代表者と新型コロナウイルス感染症の対応ガイドラインを確認した。7つの項目から構成されるプロトコル(実行手順)やチーム活動の8つのフェーズについて共有。再開に向けて着々と準備を進めている。

上写真=再開後のカードは今月15日に一部が発表される予定(写真◎Getty Images)

「無観客→5000人以下→50%以下」のステップ

 この日の実行委員会では、昨日行なわれたNPBとの対策連絡会議における専門家チームの見解を共有し、PCR検査の実施方法などについても説明された。また、リーグ再開に向けたガイドラインについても確認されている。

 このガイドラインは、5月14日に公開されたものをさらにブラッシュアップしており、以下の7つのプロトコルで構成されている。

(1)感染予防と感染への対処、(2)情報開示、(3)Jクラブの活動段階と統一検査、(4)サッカーのトレーニング、(5)チームの移動、宿泊、(6)無観客での試合開催、(7)制限付きの試合開催の7項目。

 (1)と(2)についてはすでに3月上旬から運用を開始し、(3)~(7)は6月の実行委員会、理事会で承認された。

 プロトコル(3)のJクラブの活動段階と統一検査について、オンライン会見でも詳しい説明がなされた。チーム活動の段階は8つのフェーズに分けられ、試合開催に関しても細かく条件がつけられている。

1.在宅でのトレーニング(判断基準はクラブが自主判断)
2.練習場での個人トレーニング(判断基準はクラブが自主判断)
3.グループ分けしてのトレーニング(判断基準はクラブが自主判断)
4.チームトレーニング(判断基準はクラブが自主判断)
5.無観客での試合開催(リーグとクラブが協議して決定)
6.強い収容制限のある試合開催(リーグとクラブが協議して決定)
 ※観客間の距離を1m以上確保した上で、5000人以下とする
7.収容制限のある試合開催(リーグとクラブが協議して決定)
 ※収容可能数の50%を上限とする
8.収容制限のない試合

 現在は「フェーズ4」にあたり、リーグ再開直後の数節は「フェーズ5」に記されている「無観客」で試合を開催。国が示す「イベント開催制限の段階的な緩和」のステップ2以降で、自治体もプロスポーツの開催を容認していることが、その判断基準となる。

 また、7月10日以降に想定される「観客あり」での試合開催ついては、政府の見解や自治体の判断に従って、フェーズ6、フェーズ7、フェーズ8と段階的に進めていく意向だ。

 今月15日にはリーグ再開後の対戦カード(一部)が発表される予定。極力、長距離移動を避けるために、当面は地域が近いクラブ同士の対戦が優先される。

This article is a sponsored article by
''.