昨シーズンまでセレッソ大阪に在籍していたMF田中亜土夢が、現地時間3月2日にフィンランド1部のHJKヘルシンキに加入することが決定した。田中は2015年から17年まで同クラブに在籍しており、3年ぶりの復帰となる。

上写真=古巣復帰が決まったMF田中(写真◎J.LEAGUE)

再びフィンランドへ

 HJKヘルシンキへの復帰が決まった田中は、C大阪のクラブ公式SNSを通じて「良いニュースを届けられるように頑張ります!フィンランドに旅行ついでに試合観に来てください!待ってます!」とメッセージを送った。またHJKヘルシンキの公式サイトにアップされた動画では、「ここでプレーすることができて幸せです」と英語でコメントしている。

 現在32歳の田中は2006年に前橋育英高からアルビレックス新潟に加入し、2007年にはカナダで開催されたFIFA U-20ワールドカップに日本代表として出場。2014年シーズン終了後に9年間在籍した新潟を退団し、フィンランド1部のHJKヘルシンキへ移籍。HJKヘルシンキでは10番を託され、2017年には2冠を達成している。2018年にセレッソ大阪に加入し、昨季はJ1リーグで21試合出場2得点。Jリーグ通算成績は227試合出場19得点となっている。

This article is a sponsored article by
''.