11月17日に福岡県北九州市のミクニワールドスタジアム北九州で行なわれた2019Jユースカップ(第27回Jリーグユース選手権大会)決勝。名古屋U-18がG大阪ユースを破り、2011年大会以来2度目の優勝を果たした。名古屋U-18のエースストライカーが、大会得点王に輝いた。

上写真=貴重な追加点を決めて喜ぶ村上(写真◎サッカーマガジン)

■2019年11月17日 2019Jユースカップ決勝(ミクニワールドスタジアム北九州)
G大阪ユース 0-4 名古屋U-18
得点者:(名)榊原杏太、村上千歩、牛澤健、松本皐誠

「3冠を獲得してみんなに恩返ししたい」

 1回戦から準々決勝まで、名古屋U-18のFW村上千歩は毎試合ゴールを決めた。準決勝の大宮U18戦(△2-2・PK4-2)こそ得点はなかったものの、6試合で6ゴールを挙げて得点ランキング首位タイ。「あと1点取れば、単独(得点王)になれる。試合前から自信はありました」と、決勝のG大阪ユース戦に臨んだ。

 そして、迎えた43分。ペナルティーエリア内でMF田邉光平からパスを受けると、相手DFをかわして、左足でゴールへと蹴り込んだ。優勝へ大きく近づくチーム2点目をスコアした。

「練習でもああいった形は結構あるので、自信を持って、冷静に決めることができてよかったです」

 有言実行の単独得点王に輝いた。熊本県出身の村上にとって、地元でもある九州で優勝と得点王をつかむことができたのは特別なこと。スタンドには家族やかつてのチームメイト、さらに中学時代にプレーしていたFC.CONQUESTAの後輩たちの姿もあったという。

「今日は親も来ていたし、試合前にも(地元の関係者が来るという)連絡がありました。だから、みなさんのためにも、絶対に優勝と得点王を取ることを狙っていた。(獲得できて)ホッとしています」

 チームの1冠目となる夏の日本クラブユース選手権はケガで欠場しただけに、家族の前で初めて晴れ姿を見せることができた。

「やっぱり、優勝というのはとても気持ちがいいものだと感じました。あと一つ、(高円宮杯)プレミアリーグという取るべきタイトルがあるので、しっかりとそこを取っていきたい。3冠を獲得して、みんなに恩返ししたいなと思います」

 故郷から遠く離れた名古屋の地で進化を続けるストライカーは、支えてくれる人たちへの感謝を胸に偉業達成を狙う。

取材◎小林康幸

関連記事

サッカーマガジン 2019年12月号

This article is a sponsored article by
''.