11月17日、2019Jユースカップ(第27回Jリーグユース選手権大会)決勝が福岡県北九州市のミクニワールドスタジアム北九州で行なわれ、名古屋U-18が2011年大会以来2度目となる優勝を達成した。序盤はG大阪ユースに攻め込まれた名古屋U-18だが、32分にMF榊原杏太がPKで先制点を挙げると、43分にはFW村上千歩が追加点を奪取。試合終了間際にもDF牛澤健と途中出場のFW松本皐誠が加点し、勝負を決めた。名古屋U-18は、夏の日本クラブユース選手権に続き、ユース・タイトル2冠となった。

上写真=表彰式で優勝カップを手にするチーム・キャプテンの牛澤(写真◎サッカーマガジン)

■2019年11月17日 2019Jユースカップ決勝(ミクニワールドスタジアム北九州)
G大阪ユース 0-4 名古屋U-18
得点者:(名)榊原杏太、村上千歩、牛澤健、松本皐誠

「初めて」の表彰式での大役

 名古屋U-18のチーム・キャプテンが、北九州の空に向けて優勝カップを高々と掲げた。原博実・日本プロサッカーリーグ副理事長から聖杯を手渡されたDF牛澤健は、満面の笑みを浮かべていた。

「クラブユース選手権のときにカップを掲げていないので、今回初めてやってみて、ものすごく気持ちよかったです」

 牛澤は名古屋U-18の“キャプテン”という立場ではあるが、チームがキャプテンに課せられる役割を複数人に“分業”させているため、試合では基本的にMF田邉光平が腕章を巻いている。“1冠目”となった日本クラブユース選手権優勝時は、“ゲーム・キャプテン”の田邉がカップを掲げていた。(日本クラブユース選手権で牛澤は大会MVPを獲得している)

 そんな田邉は今大会、準々決勝の広島ユース戦(〇3-1)で負傷交代を強いられた。続く準決勝の大宮U18戦(△2-2・PK4-2)を欠場。この日の決勝も、90+2分に途中交代でピッチを退いた。そのとき、キャプテンマークは牛澤の左腕に巻かれた。

「今までずっと光平(田邉)が出場していて、準決勝に出られなかったことはチームにとって大きなダメージでした」と、牛澤は準決勝で田邉の存在の大きさを再認識する。

「でも、そんなときだからこそ、一人ひとりが今まで以上に走って、今まで以上に集中して戦わなければいけない。自分はキャプテンマークを託されたことで、今まで以上に声を出したり、チームを鼓舞していかなければいけないと思っていました」

 10番を背負う大黒柱不在の中で牛澤も奮闘。PK戦にもつれ込んだ準決勝を制し、ファイナルへと駒を進めた。そして、決勝の舞台で自らもゴールを挙げ、今季2度目の栄光をチームにもたらした。

「前半に2点を取って、後半にあと1点欲しいなと思っていた時間帯でした。脩人(FW光田)が抜け出し、良いパスが来た。当たり損ないだったけれど、最後は気持ちがボールに乗って、ゴールが決まったのかなと思います」

 攻守において存在感を放った“縁の下の力持ち”が、表彰式でもミクスタのピッチで輝いた。

取材◎小林康幸

おすすめ記事

サッカーマガジン 2019年12月号

This article is a sponsored article by
''.