Jリーグ各クラブの社会連携活動を表彰する『2020シャレン!アウォーズ』で、ガイナーレ鳥取がメディア賞を受賞。オンライン会見が行なわれ、岡野雅行・代表取締役ゼネラルマネジャーなどが受賞の喜びを語った。

上写真=「しばふる」では、これまでに保育園など6施設を芝生化。利用者に喜ばれているという(写真◎ガイナーレ鳥取)

保育園の園庭などに芝生を

 社会課題や共通のテーマ(教育、ダイバーシティ、まちづくり、健康、世代間交流など)に、地域の人・企業/団体(営利・非営利問わず)・自治体・学校等とJリーグ・Jクラブが連携して取り組む活動である『シャレン!(社会連携活動)』。今回開催された『2020Jリーグシャレン!アウォーズ』は、Jリーグ全56クラブの活動の中から、特に社会に幅広く共有したい活動を表彰するもので、Jリーグの村井満チェアマン、原博実副理事長などが選考委員となって各賞を選定した。

 各賞の一つである『メディア賞』は、報道各社のスポーツ担当者などが選考委員を務め、「記者として、自身の媒体に取り上げたいと思う活動であること」が選考基準。ガイナーレ鳥取は『芝生で地域課題解決!「しばふる」で街も人も笑顔に!』で同賞の受賞が決まった。

 鳥取が2017年から活動している「しばふる」は、鳥取県米子市の練習拠点であるチュウブYAJINスタジアムの施設管理で培った芝生ノウハウをもとに、複数の協力者と立ち上げた芝生生産プロジェクト。米子市の地域課題である遊休農地(後継者の不在などで手がつけられていない耕作放棄地)を借りて芝生を生産し、その芝生を教育施設や多目的広場、社屋などに販売するというものだ。

 芝生の生産はスタッフだけでなく、企業協力や障碍(しょうがい)者による軽作業協働でも実施。施工実績も増えており、18年に鳥取県境港市の『つばさ保育園』の園庭を初めて芝生化して以来、鳥取県と広島県で、高校や子ども向けクリニックなど計6カ所、広さにして6300平方メートルを芝生化している。

画像: 2018年に鳥取県米子市で行なわれた遊休農地の問題を考えるシンポジウムには、Jリーグの村井満チェアマンも登壇。「しばふる」で育てた芝生の感触を素足で感じていた(写真◎石倉利英)

2018年に鳥取県米子市で行なわれた遊休農地の問題を考えるシンポジウムには、Jリーグの村井満チェアマンも登壇。「しばふる」で育てた芝生の感触を素足で感じていた(写真◎石倉利英)

 会見に臨んだ塚野真樹・代表取締役社長は「プロジェクトの特徴を多くの方にいいね、と言っていただいた」と喜びのコメント。さらに「新型コロナウイルスの影響で、家にいなければいけない状況で、体を動かすことの大切さが、あらためて広がっているのではないか。芝生の上で体を動かしたり、おしゃべりをしたりするときに、我々が地元の皆さんと育てた芝生を役立ててもらえれば」と活動の広がりに期待を寄せた。

 岡野雅行・代表取締役ゼネラルマネジャー(GM)も「『しばふる』が受賞して、とてもうれしい」と笑顔。「ガイナーレが地元の方々と芝生を作ることになり、芝生を入れたところの皆さんにも、喜んでもらっている」と手応えを口にした。

 岡野GMは、つばさ保育園を訪問した際、保育士の方から「以前は子どもたちが外で遊んだ後、中に入る前に足についた泥を落とすのが大変だったが、芝生になってからは汚れない」「転んでもケガをしないので、安心して遊べる」と喜びの声を直接、聞いたという。芝生化の効果を実感したことで、「これからも地域の皆さんと一緒に活動していきたい」と今後への決意を語った。

 鳥取では今回の受賞を機に、公式オンラインストア『しばふる直売所』を立ち上げ、「しばふる」で生産した芝生(ティフトン芝)1000平方メートル分の予約販売をスタート(7月発送予定)。事業の拡大とともに、社会連携活動のさらなる広がりにも力を入れていくことになる。

文◎石倉利英 写真◎ガイナーレ鳥取、石倉利英

画像: チュウブYAJINスタジアムの近くにも多くある遊休農地を利用した芝生の生産。プロジェクトは4年目を迎えている(写真◎ガイナーレ鳥取)

チュウブYAJINスタジアムの近くにも多くある遊休農地を利用した芝生の生産。プロジェクトは4年目を迎えている(写真◎ガイナーレ鳥取)

This article is a sponsored article by
''.