J3のアスルクラロ沼津は15日、2020シーズンのキャプテン・副キャプテンが決定したことを発表した。今井雅隆監督が就任した今季、DF徳武正之がキャプテンを務める。

上写真=キャプテンに就任したDF徳武(写真◎J.LEAGUE)

在籍5年目の28歳

 東京都出身で現在28歳のDF徳武は、14年に浜松大からツエーゲン金沢に入団。16年に当時JFLだったアスルクラロ沼津に加入し、J3に昇格した17年からレギュラーに定着。副キャプテンを務めた昨季はリーグ戦28試合に出場し、1ゴールを挙げている。

 今季キャプテンに就任した徳武と、副キャプテンを務めるMF菅井、MF普光院はそれぞれクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

●DF徳武正之
「チームが新しく変わろうとしている中、キャプテンに選んでいただき大変光栄に思います。チームの先頭に立つ自覚をしっかりと持ち、より一層身を引き締めて、取り組んでいきたい思います。よろしくお願いします」

●MF菅井拓也
「今シーズン副キャプテンを務めさせていただきます。常に前向きで、一体感のあるチームになれるよう、自分ができることを精一杯取り組みます。アスルクラロ沼津に関わる全ての皆様、選手、スタッフが1つとなり1年間全力で闘いましょう」

●MF普光院誠
「今シーズン副キャプテンをさせていただくことになりました。練習でも試合でも、プレーでみんなを引っ張っていけるように頑張ります。また、若い選手も増えたので、しっかりみんなとコミュニケーションをとり、チーム全体で良い関係性を築き上げていきたいです」

This article is a sponsored article by
''.