J3のFC岐阜は14日、2020シーズンのキャプテンがDF竹田忠嗣に決定したことを発表した。岐阜は今季よりゼムノビッチ監督が就任し、1年でのJ2復帰を目指している。

上写真=今季のキャプテンに就任したDF竹田(写真◎J.LEAGUE)

昨年はピッチ外でも話題

 マレーシア出身の竹田は1986年生まれの33歳。04年に千葉ユースからトップチームに昇格し、08年7月に岡山へ移籍。18年より岐阜に加入し、今季で在籍3年目を迎える。昨年はリーグ戦25試合に出場するだけでなく、ジャニーズ好きのJリーガーとして地上波テレビに出演するなど話題を集めた。また副キャプテンは、新加入のFW高崎寛之と2年連続のMF中島賢星に決まった。クラブ公式HPでそれぞれ次のようにコメントしている。

●DF竹田忠嗣
「2020シーズンのキャプテンを務めさせていただくことになりました。J2昇格のために自分のできることを全力でやりたいと思います。スタジアムでの熱い声援を宜しくお願いします」

●FW高崎寛之
「副キャプテンとしてチームを引っ張っていけるように頑張ります。皆さんと力を合わせてJ2に昇格しましょう」

●MF中島賢星
「今シーズン副キャプテンを務めさせていただくことになりました。今年のチームの目標であるJ2昇格とFC岐阜をより強く、大きくしていけるように取り組んでいきます。そしてキャプテンを支える事はもちろんチームがより良い方向に進んでいけるように頑張ります。2020シーズンも一緒に闘って下さい。よろしくお願いします」

This article is a sponsored article by
''.