セレッソ大阪は12日、練習後にオンラインで取材対応をおこなった。全体練習が再開して1週間あまり。丸橋祐介は「順調にきている感じです」と7月4日のリーグ再開に向けて、準備が着々と進んでいると話した。

上写真=練習後にオンラインで取材に応じる丸橋(写真◎スクリーンショット)

今は普段通り練習できている

 セレッソが誇る左サイトバックの言葉には充実感がにじんでいた。

「もうけっこう練習もしっかりやっているので、だいぶ戻って来たかな」

 自身のコンディションも、チームとしてのコンディションも、上向きだ。「いまは普段通りの練習ができています。みんなのコンディションもいい」。

 明日、13日には非公開のトレーニングマッチが予定されている。実戦形式の練習で自分自身のコンディションを確認し、リスタートに合わせるつもりだ。

 活動自粛期間中も、家でできることはしていたという。

「家でできることをコツコツとやるだけでした。クラブから出されるメニューはリモートでやりながら、あとは家でできる体幹だったり、筋トレはやっていた。外に出るのもなかなか怖かったので、でも家でやれることはしっかりと」

 再開後しばらくは長距離移動を避け、地域が近いクラブ同士の対戦が続く。一部報道では、再開初戦は大阪ダービーと言われている(カード発表は15日)。事実かどうかはさておき、セレッソ一筋12年目の丸橋にとってダービーへの思いは強い。しかも今回は無観客での開催となることが濃厚だ。

「ダービーはしっかり勝ちたいなと思います。無観客なら、サポーターが少し淋しいですけど、ダービーであることは変わらないので、そこはしっかりと勝ち切りたい。ダービーにあまり勝っているイメージはないですけど、ここ最近では去年もしっかりホームで勝ちましたし、今年もそれを継続できるようにしたいと思っています」 

 再開まであと3週間あまり。『リスタートダッシュ』を決めるべく、丸橋は準備を進める。

This article is a sponsored article by
''.