J1のガンバ大阪は23日、大阪府における緊急事態宣言が解除されたことを受け、5月25日よりトップチームおよびU-23チームのトレーニングを再開すると発表した。

8週間ぶりの再開

 クラブによると、少人数ごとのグループ練習から再開し、当面の間はクラブハウス内を使用せず、飲料水の共用を避けるなど「3密」を防ぐ対策を行なうという。さらに感染症拡大防止に向けた対応として、従来通り選手・スタッフとその家族の日々の検温や行動記録の報告は継続する。

 なおトップチームおよびU-23チームの練習は引き続き非公開となる。クラブは「サポーター・ファンの皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします」とコメントしている。

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、G大阪は4月1日よりチーム活動を休止していた。

This article is a sponsored article by
''.