サンフレッチェ広島とガイナーレ鳥取の練習試合が3月27日に行なわれた。広島MF野津田岳人は45分×3本の1、2本目にボランチでフル出場。珍しいヘッドでの得点も決め、厳しいポジション争いの中で結果を出した。

上写真=本来のシャドーではなく、ボランチで90分間プレーした野津田(写真◎石倉利英)

森島のCKにヘッドで合わせる

 サンフレッチェ広島とガイナーレ鳥取の練習試合は、激しい雨の中で45分×3本で行なわれた。1本目に先制した広島が1-0とリードして迎えた2本目の19分、追加点を決めたのはMF野津田岳人。MF森島司の右CKに合わせてニアサイドに飛び込み、ヘッドで合わせてネットを揺らした。

 試合後に本人も「ヘディングシュートは久しぶり。(これまで決めたことがあるのは)練習試合ぐらい。ユース時代も、ほぼ決めていない」と振り返る珍しい一撃。「モリシが良いボールを上げてくれたので、当てるだけ。とりあえず1点決めることができた」と笑顔を浮かべた。

 この日は本来のシャドーではなく、ボランチの一角でプレー。持ち味の強烈な左足キックを生かしたパスワークや、体を張った守備などで懸命のプレーを見せた。「ボランチはやっていて楽しい。ボールに触り、自分のところで組み立てるのは苦手なプレーじゃないので、すごくやりがいを感じている」と語るなど、新しい挑戦に前向きに取り組んでいる。

 ただ、「まだボランチで90分間やれるほどの体力は戻ってきていないと感じた」とコメントするなど、課題も見いだしている。守備面でも「最後の絞るところ、戻るところなど、細かい部分は全然ダメ。守備の厳しさを出せるように、フィジカルの状態を上げていく必要があるし、意識の面でも、もっとやらなければいけない」と自覚しているという。
 
 今季、中断前に行なわれた公式戦2試合はベンチ外という厳しいポジション争いの中で、新境地を開拓しつつある。チームはJリーグ公式戦の再々延期を受けて、3月28日から4月2日までは6日間のオフ。野津田は「気持ちも、体もリフレッシュして、また良い気持ちの状態で再開できるようにしたい」と語り、オフ明けのポジション争いへの決意を新たにしていた。

文◎石倉利英 写真◎石倉利英

This article is a sponsored article by
''.