J1の鹿島アントラーズは17日、MFレオ・シルバがチームドクターの診察を受け、右ハムストリング筋損傷で全治2カ月と診断されたことを発表した。

上写真=負傷が発表されたMFレオ・シルバ(写真◎J.LEAGUE)

リーグ再開初戦は欠場濃厚

 レオ・シルバは3月11日に非公開で行なわれた大宮アルディージャとの練習試合で負傷。全治2カ月と発表され、リーグ再開後の数試合を欠場することが濃厚となった。

 加入4年目のレオ・シルバはザーゴ新体制でも主軸を担い、ルヴァンカップ第1節・名古屋グランパス戦、J1第1節・サンフレッチェ広島戦でボランチとして先発出場していた。

 現在Jリーグは4月3日のリーグ再開を目指しており、鹿島アントラーズは4月4日に柏レイソル戦と対戦する予定となっている。

This article is a sponsored article by
''.