J1のサガン鳥栖は7日、MF高橋秀人に長女となる第三子が誕生したことを発表した。高橋は2月22日に行なわれた川崎フロンターレとのリーグ開幕戦に途中出場している。

上写真=第三子誕生を発表したMF高橋(写真◎J.LEAGUE)

18年から鳥栖でプレー

 先月2月27日に第三子が誕生した高橋はクラブを通じ、「無事に産まれてきてくれた長女、そして妻に感謝しています!三児の父親として、より一層精進したいと思います。温かく見守ってください」とコメントを発表した。

 2010年にFC東京でプロキャリアをスタートさせた高橋は、ヴィッセル神戸を経て、2018年から鳥栖でプレー。日本代表として7試合に出場した経験を持ち、2016年から日本プロサッカー選手会の会長を務めている。

This article is a sponsored article by
''.