J1のガンバ大阪は6日、DFキム・ヨングォン、DF松田陸、GK猿田遥己の負傷を発表した。また同日、ベガルタ仙台からGK イ・ユノが期限付き移籍にて加入することが決定したと発表した。

上写真=開幕戦でフル出場したDFキム・ヨングォン(写真◎J.LEAGUE)

3選手の負傷を発表

 DFキム・ヨングォンは3月3日の練習中に右肩関節を脱臼。DF松田は3月4日の練習中に負傷し、左第5中足骨骨折と診断された。

 2月28日の練習で負傷したGK猿田は、左膝内側側副靭帯損傷および左膝後十字靭帯損傷と診断され、長期離脱が確実となった。これに伴い、クラブはベガルタ仙台から韓国人GKイ・ユノを緊急補強。イ・ユノはクラブを通じ、「今回このようなチャンスをいただけたことを嬉しく思っています。スタジアムや練習場で皆さんとお会いすることを楽しみにしています。これからも応援よろしくお願いいたします」とコメントしている。

This article is a sponsored article by
''.