1月13日、埼玉スタジアム2〇〇2で高校サッカー選手権2019の決勝、青森山田(青森)対静岡学園(静岡)が行なわれ、2点ビハインドを逆転した静岡学園が初の単独優勝。DF中谷颯辰が2点、FW加納大が1点を挙げた。

上写真=静岡学園が青森山田を下し、24年ぶりの優勝を果たした(写真◎小山真司)

■2020年1月13日 全国高校サッカー選手権決勝(埼玉スタジアム2〇〇2)
青森山田 2-3 静岡学園
得点者:(青)藤原優大、武田英寿 (静)中谷颯辰2、加納大

2点ビハインドからの大逆転劇

 2年連続で決勝を戦う青森県代表の青森山田と、24年ぶりの決勝に進んだ静岡県代表の静岡学園の一戦は、静岡学園が逆転で初の単独優勝を成し遂げた。先制したのは前回王者の青森山田。11分、MF古宿理久のFKにDF藤原優大が頭で合わせる。33分にはMF武田英寿が自ら獲得したPKを沈めて追加点を挙げた。ただ、前半終了間際の45+2分に静岡学園のDF中谷颯辰が1点を返して、前半を折り返す。後半、MF草柳祐介を投入して反撃に出る静岡学園は、61分に草柳のパスからFW加納大が左足でゴールネットを揺らし、同点。さらに85分、MF井堀二昭のFKから中谷が2点目となるヘディングシュートを挙げ勝ち越し。そのままタイムアップとなり、静岡学園が24年ぶり2度目、単独優勝としては初めての日本一に輝いた。

登録メンバーリスト

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年2月号

This article is a sponsored article by
''.