1月3日、神奈川・等々力競技場で高校サッカー選手権2019の3回戦、帝京長岡(新潟)対神戸弘陵学園(兵庫)が行なわれ、帝京長岡が後半の鮮やかなゴールラッシュで勝利を収め、2年連続のベスト8進出を決めた。

上写真=FW矢尾板岳斗(11番)の先制点から後半に5得点を奪った帝京長岡が快勝(写真◎近藤俊哉)

■2020年1月3日 全国高校サッカー選手権3回戦(神奈川・等々力陸上競技場)
帝京長岡 5-0 神戸弘陵学園
得点者:(帝)矢尾板岳斗、晴山岬3、川上航立

晴山岬がハットトリック

 前半は神戸弘陵学園が工夫を凝らしたCKやロングスロー、帝京長岡がテンポの良いパス回しやサイドアタックでゴールに迫ったが、両チーム無得点。だが帝京長岡は後半開始から、MF谷内田哲平に代えてMF江上陽太を投入すると攻撃のリズムが良くなり、46分にFW矢尾板岳斗が先制点。さらに55分にFW晴山岬が加点すると、74分にはMF川上航立も決めて一気に突き放した。晴山はさらに2点を加え、ハットトリックの大活躍。帝京長岡が持ち味の攻撃力を遺憾なく発揮し、2年連続のベスト8進出を果たした。

登録メンバーリスト

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年2月号

This article is a sponsored article by
''.