11月23日、約3カ月ぶりにホーム、味の素スタジアムで湘南ベルマーレを迎え撃った首位FC東京だったが、序盤からミスが重なり苦しい戦いを強いられた。残留に向けて気持ちのこもったプレーを見せる湘南に先制を許すと、後半アディショナルタイムにCB森重真人のゴールで何とか追いつき、辛うじて勝ち点1を手にした。この結果、首位から陥落。残り2試合で逆転優勝を狙う立場となった。

上写真=90+4分に同点ゴールを決めて敗戦からチームを救った森重(写真◎Getty Images)

■2019年11月23日 J1リーグ第32節
FC東京 1-1 湘南
得点:(F)森重真人
   (湘)松田天馬

選手の動きが固かった(長谷川監督)

「何とか引き分けることができてよかったと思います。東(慶悟)とも話をしましたが、今日は選手たちの動きが固かった。久しぶりのホームで、やってやるぞ、という気持ちが若干空回りしてしまった感も否めない。(試合の)入りはそこまで悪くなかったですが、時間とともに切り替えの部分とゴール前の精度で湘南の方が上回った。このような難しい展開になってしまったのも仕方ない。パスミスから先制点を奪われましたが、追加点を与えなかったことが最後のゴールにつながったと思う。最後に、この勝ち点1がどう作用するかはわからないが、ホーム最終戦につなげるためには必要な勝ち点1だし、これで吹っ切れて、次の試合にいけるのではないかと期待している」

 長谷川健太監督の試合後の総評の通り、ホームに戻ってきた東京は固かった。アグレッシブに戦う湘南の前にミスを重ねて、ゴールを献上してしまう。前半36分、自陣でのパス交換を狙われ、橋本拳人が山田直輝にボールをつつかれるとそのままカウンターを許し、最後は松田天馬に決められた。

 らしくない形で先制された後も、攻撃の形がなかなか作れず、運動量でも相手に上回られて、終始苦しい状況で戦うことになる。後半、1点を追って攻めに力を割くが、ゴールが遠い。いよいよ厳しい状況となった後半アディショナルタイム。表示された5分の間に湘南にとっては痛恨の、FC東京にとっては次につながるゴールは生まれた。

 岡崎慎が前線にロングボールを送り、一度はDFに跳ね返されるが、そのこぼれ球にCBの森重真人が反応した。右足ダイレクトでボールを叩くと、ゴール右隅へ吸い込まれた。

 まさしく東京を救う一撃だった。

「センタリングが上がった時点で周りに誰もいなかったので、こぼれ球を予測していた。すべりやすいピッチということもあって、ボールを抑えて、あとは枠に入れることを考えた。結果的にうまく決めることができた。久しぶりのホームでこれだけのサポーターが来てくれた。みんなの思いがゴールにつながったと思う」

 森重の値千金のゴールによって、敗戦は免れた。指揮官は「次につながる勝ち点1」と話したが、最後の1秒まであきらめずに1ポイントをもぎとったことは確かに大きい。

「本当は勝ち点3を取りたかったけど、最低限の結果」「負けなかったことが一番の収穫」

 森重の言葉が東京の選手たちの思いを代弁していた。この日の結果、FC東京は2位に後退。首位横浜F・マリノスを勝ち点1差で追いかける形となったが、残り2試合に連勝すれば、自力で優勝を決められる。次節は浦和レッズと、そして最終節には横浜FMとの直接対決が待っているからだ。

「今日出た課題を整理し、良い準備をして次の試合にぶつける。そのサイクルで今までやってきたので、最後までその良いサイクルで勝ちにつなげたい。僕たちは勝つしかないし、そういう思うを持って戦いたい」

「そう簡単には優勝までたどり着けないんだな、と試合中に感じていた」とも森重は話した。最後に笑うことができたなら、この日の難しいゲームが、初優勝への一つ試練だったということになるが、はたして――。

写真◎Getty Images

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年1月号

This article is a sponsored article by
''.