2月8日、埼玉スタジアム2002でFUJI XEROX SUPER CUP 2020 NEXT GENERATION MATCHが行なわれ、横浜FMユースが日本高校サッカー選抜に勝利した。横浜FMユースは中村翼が2得点、星野創輝が追加点、日本高校サッカー選抜は田中克幸がゴールを挙げた。

上写真=2ゴール1アシストの活躍を見せた横浜FMユースの中村(写真◎J.LEAGUE)

■2020年2月8日 FUJI XEROX SUPER CUP 2020 NEXT GENERATION MATCH(埼玉スタジアム2002)※40分ハーフ
横浜FMユース 3-2 日本高校サッカー選抜
得点者:(横)中村翼2、星野創輝 (日)田中克幸、晴山岬

「攻守ともにハードワークして戦えた」

 2020年シーズンの幕開けを告げる『FUJI XEROX SUPER CUP 2020』。神戸と対戦するトップチームの試合を前に、その前座試合で弟分の横浜FMユースが日本高校サッカー選抜から勝利を挙げた。

 先制点が決まったのは32分。MF久保龍世のパスを受けたMF中村翼がシュートを放つ。一度は相手GK佐藤史騎に阻まれるも、こぼれ球をゴールに蹴り込んだ。横浜FMユースが1点をリードし、前半を折り返す。

 後半も先に得点を挙げたのは横浜FMユースだった。47分、FW長島大のお膳立てから再び中村がゴールネットを揺らす。ゴール裏の横浜FMサポーターも歓喜に沸いた。

 その後、日本高校サッカー選抜のMF田中克幸に1点を返されるも、75分に中村のスルーパスに抜け出したFW星野創輝が3点目を奪取。終了間際にも、粘る日本高校サッカー選抜のFW晴山岬に2失点目を喫したが、3-2で逃げ切った。

 トリコロールのキャプテンマークを巻き、2ゴール1アシストの活躍でチームを勝利に導いた中村は、「攻守ともにハードワークして戦えた。最後は失点してしまったけれど、勝ち切れて終わったのでよかった。攻撃をやっている以上、結果を求められる。その中で2ゴールを決めて、しっかり勝たせられてよかった。トップチームもしっかり勝ってもらいたい」と頬を緩めた。

This article is a sponsored article by
''.