2月9日のちばぎんカップでジェフユナイテッド千葉は0-2で柏レイソルに敗れた。力の差を見せつけられた形だが、「開幕前でよかった」と今オフ、川崎フロンターレから加入した新戦力のGK新井章太は試合後に言った。

上写真=最後尾から声を出し、指示を送る新井(写真◎Getty Images)

ここからだと思います

 千葉の二つの失点シーン。守備陣として『ノーチャンス』だったわけではない。防ぎようがあった。この日、千葉のホーム、フクアリで、千葉のユニフォームをまとって初めてゴールマウスを守った新井は振り返った。

「1点目も2点目も(ボールの)取りどころというか、そこはあからさまにあったので。それで最後しっかり(自分が)止められればよかったんですけど、なかなか難しい場面もでもあった。そこは自分も成長していければなと思います」

 2失点はどちらも、守備陣のアプローチの甘さとカバー意識のズレが招いた失点だった。

「キャンプで手ごたえをつかんで、この試合に臨んでいました。でも当たり前のことがやれていない印象を受けた。これを開幕戦でやって、ズルズルいってしまったら大変なシーズンになってしまうと思うので、これが今日でよかったと。(自陣に)戻るという部分ではしっかり意思統一ができていると思うんですけど、球際とか、個人の部分で、相手をつぶすだとか、どこの場所だったら行っていいのかとか、どこだったらファウルしていいとか、そういうサッカーにおいて当たり前のことを、もっともっと一人一人が意識して、やらないと強いチームにはなっていけない。強いチームはそれができていると思うので」

 言うまでもなく、尹晶煥監督が指導してまだ間もない。チーム作りは始まったばかりだ。いきなり結果が出るほど甘くはないが、それでも、チームが変化しつつあることを感じていたと新井は言う。だが、その変化も、昨季J2を制した柏には全く通用しなかった。「強いチームになる」には、まだまだであることを痛感することになった。

「もちろん、(キャンプでは)こういう場面ではこうしようとか、声をかけていましたけど、なかなかこういう試合になったとき、こういう雰囲気の中では、難しい。声も通らないし、もっともっと(それぞれが)自分の力を発揮できるようにならないと厳しい。そうなるためには、練習をやっていくしかないですが、その中でどういう会話をしていけるか。そして話し続けることが大事。コミュニケ―ションを取っていくことが大事だと思っています」

 新体制発表会見でも、自分の経験をチームに還元したいと話していた新井は、若い選手に、もちろん経験のある選手ともコミュニケーションをとって、チームの向上に努めてきた。そして今回の敗戦で、あらためてチームの立ち位置を知ることになった。問題は、ここからどうしていくか。

「(尹監督のサッカーはサッカーにおける)当たり前のことをやっているだけ。選手たちはきついとは思うんですけど、それを一人一人がやっていかないと、続けていかないといけない。そもそもそれができなければ、尹さんのサッカーにならないと思う。攻撃うんぬんではなく、まずは守備からというスタイルなので、それは続けていきたい。シーズンは長いんで、ここからだと思います」

 幾つもの課題と大きな可能性。ちばぎんカップの90分を経て、新井はその両方を感じていた。開幕までの2週間で、むろん開幕後も継続して課題を減らす作業に取り組んでいくつもりだ。そうすることで、この日感じた可能性はより大きくなり、J1昇格が達成されると信じて――。

This article is a sponsored article by
''.