2月23日に行なわれたJ1第1節で、ガンバ大阪は敵地で昨季J1王者の横浜F・マリノスを破り、9シーズンぶりに開幕勝利を達成。今季、期限付き移籍からG大阪に復帰した韓国人DFオ・ジェソクは、宮本恒靖監督の期待に応える活躍を見せた。

上写真=今季よりG大阪に復帰したDFオ・ジェソク(写真◎J.LEAGUE)

■2020年2月23日 明治安田生命J1リーグ第1節
 横浜FM 1‐2 G大阪
 得点:(横)マルコス・ジュニオール
    (G)倉田秋、矢島慎也

開幕戦で先発フル出場

 試合終了のホイッスルが吹かれると、オ・ジェソクはベンチに駆け寄ってスタッフと熱い抱擁をかわし、ゴール裏スタンドに陣取るG大阪サポーターに向かって両手を掲げながら雄叫びを上げた。この試合に懸ける思いは人一倍強かった。

「詳しくは言えないのですが、キャンプのときからいろいろあって、サッカーに集中できない事情がありました。でも、ベテラン選手の何人かが手伝ってくれて難しさを乗り越えることができました。監督の配慮で、ここにいる選手たちと一緒に試合をすることができてうれしく思います」

 キャンプで満足にプレーできず、今月16日に行なわれたルヴァン杯・柏レイソル戦(●0-1)は出番なし。練習試合でも一度も主力組には入っていなかったという。そんな状況で、大事なリーグ開幕戦で先発に抜擢してくれた指揮官の期待に応えたかった。

 この日のG大阪は、自陣に押し込まれると3バックになり、サイドハーフが高い位置でプレッシャーをかけると4バックになるという可変システムを採用し、オ・ジェソクは右ストッパーと右サイドバックの二役を任された。慣れない役回りだったが、「3バックでもできるんだという姿を見せたかった」と懸命に体を張り続け、最終ラインの一角として昨季J1最多得点の横浜FMを相手に1失点に抑えた。「監督が準備した通りにできたので、きょうは勝てたと思います」。試合後の言葉には達成感が滲んだ。

 出番が減った昨季はシーズン途中にFC東京に期限付き移籍し、再起を懸けて今季よりチームに復帰。外国籍選手ではクラブ最長の在籍8年目を迎える。「試合後に(サポーターから)自分の名前を呼んでもらったときは涙が出ました」。青黒の戦士として再びプレーする喜びをかみしめながら、「今年は必ずタイトルを取りたい」と決意を新たにしていた。

取材◎多賀祐輔

※一部記事を修正しました。

This article is a sponsored article by
''.