日本サッカー協会(JFA)は24日、『天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会』の1回戦から4回戦までの組み合わせを発表した。新型コロナウイルスの影響でJリーグが中断していることに伴い、開催方式の変更も正式に決定した。

上写真=第100回天皇杯は5月23日からスタート(写真◎Getty Images)

計8回戦で王座を争う

 第100回天皇杯は当初5月23、24日に1回戦を行ない、計7回戦の末に2021年1月1日に決勝を迎えるスケジュールだったが、Jリーグの中断により日程調整が難しくなったため開催方式を変更。新たに5回戦が追加され、計8回戦が行なわれる。

 J1・J2クラブは2回戦から登場する予定だったが、開催方式の変更により、J1の全18クラブは4回戦から、J2の10クラブ(降格2チームを含む昨季3〜10位)が3回戦から、J2の12クラブ(昇格2チームを含む昨季11〜20位)が2回戦から参加する形となった。

 なお変則的な方式で開催されるため、4回戦のサガン鳥栖vs横浜FC、湘南ベルマーレvs柏レイソルのJ1同士の対戦カードがすでに決まっている。

 大会日程は以下の通り。

●1回戦:5月23日(土)、24日(日) [予備日:5月25日(月)]
都道府県代表、Honda FC(アマチュアシード)出場

●2回戦:6月10日(水) [予備日:6月24日(水)]
J2の12クラブ(金沢、長崎、東京V、琉球、山口、福岡、千葉、町田、愛媛、栃木、北九州、群馬)出場

●3回戦:7月8日(水) [予備日:7月15日(水)]
J2の10クラブ(松本、磐田、大宮、徳島、甲府、山形、水戸、京都、岡山、新潟)出場

●4回戦:8月19日(水) [予備日:8月26日(水)、10月14日(水)]
J1全18クラブ出場

●ラウンド16(5回戦):10月14日(水) [予備日:11月3日(火・祝)、4日(水)]

●準々決勝:11月3日(火・祝)、4日(水) [予備日:11月11日(水)]

●準決勝:12月19日(土) [予備日:12月26日(土)]

●決勝:2021年1月1日(金・祝)

This article is a sponsored article by
''.