2021年5月3~5日に開催を予定していた「第34回サッカーマガジン雪印メグミルクカップ全国レディース大会2021」(主催:ベースボール・マガジン社「サッカーマガジン」/特別協賛:雪印メグミルク株式会社)は、新型コロナウィルス感染症の新型コロナウィルス感染症の感染拡大抑止と、選手、関係者の安全確保を最優先に考え、延期することを決定いたしました。
代替日として9月18日(土)から20日(月・祝)の3日間での開催を予定しております。

「サッカーマガジン雪印メグミルクカップ 全国レディース大会」は、1988年(昭和63年)に始まり、例年5月に長野県上田市菅平高原にて開催している女子サッカー大会です。年齢制限を設けていないため、様々なカテゴリーの女子選手に参加いただいてきました。
これまで現なでしこジャパンの高倉麻子監督が現役時代に第1回大会MVPを獲得。以降、宮間あや、川澄奈穂美、丸山桂里奈選手らなでしこジャパンOGらも若かりし頃に出場しており、現代表ではDFの南萌華(浦和L)もジュニアユース時代に大会MVPを獲得するなど、日本代表選手が数多く参加してきた歴史ある大会です。

昨年大会(第33回大会)は、新型コロナウィルス感染拡大の影響により中止といたしました。
現在も新型コロナウィルス感染症のリスクが高く、選手、関係者の健康と安全を考え、第34回大会の5月の開催を見送り、9月18日の開幕を予定しております。

詳細は大会公式サイトをご覧ください。


This article is a sponsored article by
''.