静岡学園(静岡)の24年ぶりとなる優勝で幕を閉じた今年度の高校サッカー選手権。連覇を逃した青森山田(青森)の1年生MF松木玖生は、今大会の経験を生かし、来年リベンジすることを誓った。

上写真=今大会は青森山田の7番をつけて出場した松木(写真◎小山真司)

■2020年1月13日 全国高校サッカー選手権決勝(埼玉スタジアム2〇〇2)
青森山田 2-3 静岡学園
得点者:(青)藤原優大、武田英寿 (静)中谷颯辰2、加納大

痛恨のマークミスで涙

「自分がチームのコンセプトを守れなかったことが、負けた原因だと思います」

 青森山田の1年生MF松木玖生(まつき・くりゅう)は自らを責めるように、絞り出すような声で試合を振り返った。

 静岡学園に逆転を許した85分の失点シーン。松木がマークについていた静岡学園のMF中谷颯辰に、ヘディングシュートを叩き込まれた。「自分が外してしまったマークなので、本当に申し訳ない」。ゴール前の混戦で味方選手と交錯する不運もあったが、自責の念にかられた。

 今大会では準決勝までに4ゴールを挙げるなど、“スーパー1年生”としてブレイク。決勝の前には「自分が3点取って、圧倒するイメージを持っている」と豪語したが、待っていたのは残酷な結末だった。決勝後半、「個々の力が衝撃的だった」という静岡学園の反撃を抑えられず、持ち味を発揮できないまま89分に交代。タイムアップの瞬間をベンチで迎え、試合後は人目をはばからず涙を流した。

 初めての選手権は準優勝に終わり、「このような経験はもう二度としたくない。チームを勝たせられるような選手になりたい」と決意。今大会で背負った背番号「7」は、OBの日本代表MF柴崎岳(現・デポルティボ)らがエースナンバー「10」を託される前年につけ、青森山田の出世番号として知られる。それに従うと、来年度は2年生ながら松木が10番を背負う可能性が高いが、本人はもうその覚悟だ。

「来年は10番をつけて自分が引っ張りたい」

“スーパー1年生”を卒業し、来年はチームの中心として王座奪還を目指す。

取材◎多賀祐輔 写真◎小山真司、近藤俊哉

This article is a sponsored article by
''.