11月19日の『キリンチャレンジカップ2019』(パナソニックスタジアム吹田)で、日本代表はベネズエラ代表に1-4と敗戦。前半だけで4失点を喫するなど、苦しい戦いを強いられた。それでも、後半は持ち直して、試合の主導権を掌握。途中出場のボランチの山口蛍が1点を返した。

上写真=ベネズエラに一矢報いるミドルシュートを放つ山口(写真◎早浪章弘)

■キリンチャレンジカップ2019(パナソニックスタジアム吹田)
 日本 1-4 ベネズエラ
 得点=(日)山口蛍 (ベ)サロモン・ロンドン3、ジェフェルソン・ソテルド

「途中から入る選手が切り替えられた」

 前半を終えて0-4。パナソニックスタジアム吹田にハーフタイムを告げるホイッスルの音が鳴り響くと、会場はサポーターからのブーイングに包まれた。

「(前半は)トライしようとしているところは間違っていなかったと思うけれど、ミスがあって、それをリカバリーすることもできていない状態。相手にボールを渡してしまい、効率よくゴールを決められた」

 スターティングメンバーから外れたMF山口蛍は、前半戦のチームの出来をそのように振り返る。すると、後半が始まると森保一監督に呼ばれ、65分にFW永井謙佑とともにピッチへと送り込まれた。

「(試合を)見ていて、全体的に後ろに重かったなと思っていました。僕と永井くんが入る段階で、押し上げというか、もう少し前から行こうという話を2人でしました。0-4と負けている状況だったので、もちろん前から行くのは当然のこと。僕はあまり下がらず、後ろはセンターバックに任せて、ということを考えていました」

 山口が投入された後半、チームは持ち直した。7本対2本というシュート数からも分かるように、試合の主導権を奪い返した。

「もっと寄せないと、このレベルの相手にはやられてしまう。最後のところで体を投げ出してクロスを止めたり、そういうことが必要だったと思う。永井くんと入った段階で前から行って、(後ろの選手も)それについてきて、ラインを押し上げてくれた。セカンドボール含めて、そこで(ボールを)うまく回収できた。僕ら、途中から入る選手が切り替えてやることができたのではないかなと思います」

 そして、交代出場からわずか4分後の69分に、日本代表のサポーターに歓喜をもたらす。

「永井くんにボール(パス)を要求していた。ただふかさないことを考えて(シュートを打った)。相手に当たり、ラッキーなゴールになりました」

 左サイドでボールを持っていた永井から、バイタルエリアに進入した山口がパスを受け、右足を一閃。強烈なミドルシュートが相手の足をかすめ、ゴールネットへと吸い込まれた。ベネズエラに一矢報いるゴールが生まれた。

 試合は1-4で敗れた。前半のビハインドが大きく、同点に追い付き、さらに逆転へとつなげることはできなかった。それでも、後半にチームは高いパフォーマンスを見せた。その原動力として、山口の活躍があったことは確かだろう。

「途中から(の出場)でも、与えられた役割がある。その中で、その役割をこなせるということを見せなければいけない試合だったんじゃないかなと思っています」

 日の丸のピッチに帰ってきたボランチが、再び代表定着に向けて気を吐いた。

取材◎小林康幸

関連記事

サッカーマガジン 2019年12月号

This article is a sponsored article by
''.