ベネズエラ戦を翌日に控えた18日、前日練習を終えた荒木隼人(広島)が取材を受け、自身の立ち位置と目指すべき場所について語った。

上写真=前日練習中の荒木隼人(写真◎サッカーマガジン)

濃い1年を経てたどり着いた代表

 昨年までは大学生。関西大の主将として活躍し、今季からサンフレッチェ広島に加入。徐々に頭角を現し、シーズン途中からCBの定位置をつかんだ。

 日本代表はずっと目指してきた場所だったものの、1年前に今の自分の姿は想像できなかったという。ただ、いずれはとの思いはずっと持ち続けてきた。

「非常に濃い1年間だったんですけど、1日1日、やらなければいけないこととか、積み上げていくものというのをしっかりやってきたからこそ、今につながっていると思う。まだまだここがゴールではないですし、もっともっと先に向けて良い1日を積み重ねていきたい」

 荒木の代表活動期間はキルギス戦後、国内でスタートしてからであるために、わずか3日間と短い。しかし、その中でも多くの発見と刺激があった。

「昨日、中島(翔哉)選手と一瞬、マッチアップする機会があって、対応はできたんですけど、うまいこと股を狙われてシュートを打たれた。Jリーグだと対応できたかなというシーンでも、わざと股を開かせて、そこを狙ってくるとか。もっともっとそういうところを、ステップとかも、うまくならないといけない」
「一つ一つのプレーのスピードだったり、強度だったり、質のところはもっともっと高めないといけないなと思いました。パススピードはみんな丁寧ですごく速いと思ったので、自分がそこに合わせていけるようにトレーニングからやっていかないといけない」

 そして、まだまだ足りないところがあると前置きしたうえで、こんな言葉も口にした。

「僕の良さはやっぱり守備のところで対人で、それは空中戦地上戦を含めてなので。そういうところを(代表でも)前面に出して自分らしくプレーしたいなと。まだまだ足りないところはたくさんあるんですけど、自分のストロングだと自信を持っているので。このチームでもしっかり発揮できるように取り組んでいきたいです」

 今回の活動で手にした発見の中には自分の足りないところもあれば、自身を得た部分もあった。そして現時点でもプラスになったことがある。それは覚悟を持てたこと。

「やっぱり(代表は)目標にしてきたところではあったんですけど、実際に呼ばれて、ここでしっかり試合に出て、最終予選のほうにも絡んでいきたいと思いました。そしてワールドカップにもつなげていきたいという思いは強くなりました」

 出身地であり、大学時代を過ごした地元・大阪で代表デビューを飾る機会は訪れるか。

「Jリーグデビューも、ここじゃないですけど長居で、大阪でデビューしましたし、日本代表でもここ、育った地元大阪でデビューできたらすごい感慨深い試合になるのかな」

 キルギス戦のメンバーでスタートすると指揮官は明言した。仮に出場機会を得てもプレーする時間は限られるだろう。ただ、思いを持ってここまで歩んできたが荒木が始める代表キャリアの一歩目は、注目に値する――。

取材◎佐藤 景 写真◎サッカーマガジン編集部

おすすめ記事

サッカーマガジン 2019年12月号

This article is a sponsored article by
''.