2020年のロアッソ熊本のキャプテンに、加入2年目のMF岡本知剛が就任することが発表された。GK山本海人とMF黒木晃平が副キャプテンを務め、大木武新監督の下、J2復帰を目指す勝負のシーズンに挑む。

上写真=熊本のキャプテンに就任した岡本(写真◎J.LEAGUE)

「自分にできることを精一杯」

 サンフレッチェ広島、サガン鳥栖、湘南ベルマーレ、松本山雅FCを経て昨季、ロアッソ熊本に加入したMF岡本知剛は、右膝外側半月板損傷による離脱があったものの、J3リーグ21試合に出場、3得点を挙げて主力として活躍した。加入2年目のキャプテン就任に際し、クラブ公式HPを通じて「自分らしく、自分にできることを精一杯頑張ります。よろしくお願いします!」とコメントを発表している。

 また、GK山本海人とMF黒木晃平が副キャプテンを務めることも併せて発表されている。山本は「キャプテンのサポートをしながらも、自分のできることを可能な限り、精一杯頑張ります! 1年間よろしくお願いします」、黒木は「今シーズンは若いチームなので、みんなで一つになって成長していけるよう、自分の力を精一杯出したいと思います。よろしくお願いします!」とコメントを発表した。
 
 熊本は初めてJ3で戦った昨季、5位に終わって1年でのJ2復帰に失敗。渋谷洋樹監督が退任し、大木武氏が新監督に就任している。今度こそのJ2復帰を目指す大事なシーズンは、キャプテンと副キャプテンの働きも重要なものとなりそうだ。

This article is a sponsored article by
''.