2月22日に開催されるJ1リーグの第1節、川崎フロンターレは本拠地の等々力陸上競技場にサガン鳥栖を迎える。川崎Fの鬼木達監督は自らのサッカーを貫くことを誓い、鳥栖の金明輝監督は虎視眈々と相手のスキを狙う。

■明治安田生命J1リーグ第1節
2020年2月22日(15:00)@等々力陸上競技場
川崎フロンターレ vs サガン鳥栖

新たなチャレンジ

 2年ぶりのリーグタイトル奪還を目指す川崎Fの鬼木達監督は、リーグ開幕に向けて自信をのぞかせる。

「会場に見に来る方に楽しんでもらうサッカーをします。そのためには、選手たちが楽しむことが大事。アグレッシブに攻めます。もちろん、勝ちにこだわりますが、これまでやってきたことにチャレンジしていきます」

 ルヴァンカップの開幕戦でも、持ち味を存分に発揮。新たにトライしている4-3-3システムが機能し、5ゴールを奪取した。新戦力の大卒新人もデビューさせるなど、上々の滑り出し。リーグ開幕に向けても不安要素はほとんどない。ただ、油断はしていない。

「いつも鳥栖はハードワークしてくる。簡単な試合にはならない。難しいゲームになることを予想している」

 昨季はAFCチャンピオンズリーグを並行して戦い、リーグ序盤は開幕から4戦勝ちなしと大苦戦した。しかし、今季は国内カップとリーグ戦のみ。国外移動などの負担はなく、集中できる環境が整っている。「一戦必勝で戦う」と目の前の試合に全力を注ぐことを誓い、2020年シーズンは自身3度目のリーグ優勝を目指す。

 対する鳥栖の金明輝監督は、すでに勝利のシナリオを頭に描いている。

「フロンターレが相手でも、付け入るスキはあると思っています。小気味よくパスを回してきますし、昨季を見ても攻撃力があるのは分かっています。今季から4-3-3に取り組んでいるようですね。探りながらの展開になると思いますが、相手のウィークポイントを突いていきたいです」

 ルヴァンカップの初戦では前からプレスに行く姿勢を示したが、札幌に完敗。真摯に反省しながらも、前を向いていた。新戦力をずらりと並べており、手探りの部分が多かったのも事実。ただ、1試合こなしたことで、課題も収穫も手にした。川崎F戦に向けては、強い意気込みを口にしている。

「リーグ初戦でフロンターレに勝って、自信にしたいと思います。やってきたことが間違いではなかったことを証明したい。アウェーですが、引いて守るような戦い方をするつもりはありません」

 キャンプから取り組んできたことに果敢にトライし、最高の結果を手繰り寄せるつもりだ。新しい鳥栖スタイルを築く第一歩とする。

This article is a sponsored article by
''.