12月31日、千葉・フクダ電子アリーナで高校サッカー選手権2019の1回戦、日大明誠(山梨)対 四日市中央工(三重)が行なわれ、四日市中央工が6大会ぶりに初戦を突破した。

上写真=伝統のエースナンバー17番を背負う田口が先制点を挙げた(写真◎福地和男)

■2019年12月31日 全国高校サッカー選手権1回戦(千葉・フクダ電子アリーナ)
日大明誠 1-3 四日市中央工
得点者:(日)齋藤康友 (四)田口裕也、森夢真2

攻撃陣が躍動した四日市中央工

 初出場の日大明誠と、34回目の出場となる四日市中央工との試合は、序盤にスコアが動く。5分、前線でボールを受けたFW田口裕也がこの試合のファーストシュートでネットを揺らし、四日市中央工が先制すると、13分にはMF和田彩起の突破から、最後はMF森夢真が豪快なシュートを突き刺して追加点。日大明誠もセットプレーからDF齋藤康友が1点を返したが、エンドを変えた後半、四日市中央工の森が自身2点目を決めて再びリードを広げる。試合を通じて主導権を握った四日市中央工がそのまま逃げきり、2回戦へと駒を進めた。

登録メンバーリスト

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年2月号

This article is a sponsored article by
''.