2月23日、サンフレッチェ広島は本拠地のエディオンスタジアム広島に鹿島アントラーズを迎える。広島の城福浩監督は開幕戦での勝利を目指すと話し、鹿島のザーゴ監督は開幕戦にふさわしい戦いを見せたいと話した。

上写真=広島の城福監督(左)と鹿島のザーゴ監督(写真◎J.LEAGUE)

■明治安田生命J1リーグ第1節
 2020年2月23日(14:00)@エディオンスタジアム広島
 サンフレッチェ広島 vs 鹿島アントラーズ

完成度の違いを認識しつつも…

 積み上げてきた広島と新たなスタイルに舵を切った鹿島。現時点における両チームの完成度の違いを、それぞれの指揮官も認識している。

 広島の城福監督は、リスペクトを込めて鹿島についてこう話した。

「去年、ACLでもやっていますけど、僕らにはやれたという感触がある一方で、まだまだ足りなかったという悔しい思いもある。結局は、われわれはACLで上に進めなかったわけですから。その思いも含めて鹿島からはいろいろ学ばしてもらっている。その成果をしっかり開幕戦で見せたいと思っています」

 ACLのラウンド16で対戦し、スコアでは2試合合計3-3だった。しかしアウェーゴールの差で広島は鹿島に敗れた。そのときに感じた勝負へのこだわりという差をどこまで詰められているのか。広島にとってはそれを確かめる開幕戦になるという。

 対する鹿島のザーゴ監督は「僕はJリーグの新人監督なので、サンフレッチェだけではなく、これまでにできるだけ多くのクラブ試合を見てきました。できるだけそれぞれのチームの特徴を把握できるようにはしています」と語り、広島だけを特別視しているわけではないと話した。

 その上で「(キックオフカンファレンス前の監督会議で)城福監督とも話しましたが、お互いに良い試合を、Jリーグの開幕にふさわしい試合をやろうということを誓い合っています。良い試合ができればなと思っています」と、内容を重視する姿勢を示した。

 ならばと、あえてチーム完成度について問うた。シーズンに臨むにあたり、チームはいま、どの段階まで来たと感じているのかと。すると間髪入れずに答えが返ってきた。

「メディア的にはチーム作りを100パーセントで考える部分があるかもしれません。数字的で表してほしいとよく言われますが、なかなか難しい。(トレーニングを)1カ月やっているメンバーもいれば、休みが必要だったメンバーもいました。その中でできる限りのことをやってきた。ただ、我々は結果を求められているクラブです。エクスキューズはいくらでもありますが、まず、1勝できればと思っています」

 勝利が進む道の正しさを証明する――。ザーゴ監督は自信をのぞかせた。

 そんな相手について城福監督は警戒心を口にする。

「(ザーゴ監督は)まだ初めましてという状況で、始動からそんなに経っていない中でACLのプレーオフを迎えたというのは本当に大変だったと思います。あれだけ選手が入れ替わって、これまでの鹿島でもあまりないくらいの変化。チームのビルドアップというのはこれからだというのは、僕らから見ても思うところ。ただ、あれだけ経験のあるチームが、おそらくは非常に悔しい思いをしたシーズンのスタートだったと思うので、勝利に対する思いとか、今シーズンにかける思いがさらに強まった状況で、広島に来るんだろうなとは思っています」

 34試合の1試合として臨むか。シーズンのスタートを切る特別な試合と開幕戦をとらえるか。チームを率いて3年目となる城福監督対1年目のザーゴ監督。両者の立場の違いは、そのコメントにも表れるが、結果はいかに――。

This article is a sponsored article by
''.