ジャマイカ戦から一夜明けた12月29日、長崎市内で記者会見が開かれ、AFC U-23選手権に参加する日本代表メンバーが発表された。「これまでの活動と昨日の結果」を踏まえた顔ぶれが並んだ。

上写真=E-1選手権を戦った遠藤渓太(写真◎Getty Images)

本番に似た条件の大会

 前日、ジャマイカに9-0で大勝したメンバーからは5人の選手が選ばれた。旗手怜央、松本泰志、岡崎慎、谷晃生、杉岡大暉(ジャマイカ戦はサブ)。森保一監督は「これまでの活動と昨日の結果を考慮した結果」だと選考理由を説明したが、チームに多く選ばれたのは12月に韓国で開催されたE-1選手権をA代表として戦ったメンバーだった。小島亨介、大迫敬介、渡辺剛、古賀太陽、相馬勇紀、森島司、田中駿汰、遠藤渓太、田中碧、田川亨介、小川航基、上田綺世、追加招集の菅大輝、橋岡大樹と14名が名を連ねている。

 海外組はシーズン中ということもあり、ハーツの食野亮太郎のみの参加となった。ただ、その食野も参加期間については現在のところ、所属クラブと折り合いがついているグルーステージ3試合までで、それ以降は「現在も交渉中」(関塚隆・技術委員長)とのことだ。

 同大会は東京五輪最終予選を兼ねており、開催国の日本を除いた上位3カ国に出場権が与えられる。つまりは真剣勝負の場。日本にとっては格好の機会となる。また、タイの気候や過密な大会日程も東京五輪本番に重なる部分が多く、「良いシミュレーションになる」と指揮官は話した。

『プレ五輪』で、どんな戦いを見せるのか。1月9日、サウジアラビアとの戦いから日本は大会をスタートする。

■AFC U-23選手権タイ2020 日本代表メンバー(選手名・所属)
▼GK
小島亨介(新潟)
大迫敬介(広島)
谷 晃生(G大阪)
▼DF
渡辺 剛(FC東京)
町田浩樹(鹿島)
立田悠悟(清水)
岡崎 慎(FC東京)
古賀太陽(柏)
橋岡大樹(浦和)
▼MF
相馬勇紀(鹿島)
森島 司(広島)
田中駿汰(大阪体育大)
遠藤渓太(横浜FM)
旗手怜央(順天堂大)
食野亮太郎(ハーツ=スコットランド)
松本泰志(広島)
杉岡大暉(湘南)
田中 碧(川崎F)
菅 大輝(札幌)
齊藤未月(湘南)
田川亨介(FC東京)
▼FW
小川航基(水戸)
上田綺世(鹿島)
※所属はJFA発表通り。町田は1月5日合流、食野はグループステージ3試合に参加予定でそれ以降の日程については交渉中。

■AFC U-23選手権タイ2020スケジュール
1月9日 グループステージ第1戦 サウジアラビア戦
1月12日 グループステージ第2戦 シリア戦
1月15日 グループステージ第3戦 カタール戦
1月18日 準々決勝
1月22日 準決勝
1月25日 3位決定戦
1月26日 決勝

取材◎佐藤 景 写真◎Getty Images

おすすめ記事

サッカーマガジン 2020年2月号

This article is a sponsored article by
''.